冬眠する動物の種類一覧!冬眠する理由と土の中で呼吸はできるの?

冬眠というのは哺乳類や鳥の一部が活動を停止、体温を低下させて冬をすごす生態のことです。

また、変温動物である魚類や爬虫類、両生類、昆虫、陸貝などの動物が活動を控えて大人しくする状態は『冬越し・越冬』と言うそうです。

正式な意味では哺乳類や鳥類といった恒温動物がとる行動を指すようですね。

今回はそんな冬眠をする生き物・動物について深掘りしていきます。

Sponsored Link

冬眠する動物の種類一覧と冬眠する理由

848200※ネコは冬眠しません

冬眠するのは哺乳類と鳥類のごく一部のだけです。

動物が冬眠する理由は食料が少ない冬の間は使用するエネルギーを節約してやり過ごすために行います。

冬眠する哺乳類

哺乳類の仲間は現時点で18目約4070種類ほどが知られていますが、そのうちの7目183種類が冬眠をします。

生息する地域によっては冬がない場所もあるのでかなり多い数字なのではないかと思います。

さらに冬眠する生物は小さいものだとコウモリ、大きいものだとホッキョクグマと多種多様です!

そんな哺乳類の中でも冬眠する代表的な動物がこちら

・ハリモグラ
・フクロヤマネ
・チロエオッポサム
・テンレック
・オオホオヒゲコウモリ
・キクガシラコウモリ
・カグラコウモリ
・オヒキコウモリ
・ハイイロショウネズミキツネザル
・オジロプレイリードッグ
・シベリアリス
・ヒメポケットマウス
・ゴールデンハムスター
・モリオナガネズミ
・ヤマネ
・アナグマ
・ツキノワグマ
・ホッキョクグマ

ここに紹介しているのは一部の動物ですが、特に冬眠する種類数が多いのはコウモリやリス、ネズミの仲間がです。

この傾向を見ると植物や昆虫を主食とするような種類は冬眠しないとやっていけないような印象を受けます。

また、仮に冬眠ができなかった場合は死んでしまうそうです。

冬眠する鳥類

ほとんどの鳥は冬眠をしませんが、唯一アメリカに生息するプアーウィルヨタカという種類は野生化で冬眠を行うそうです。

鳥類が冬眠をしないのは冬眠に適してない体の構造をしているのだと考えられます。

鳥類は体を軽くすることで空を飛ぶことができます。

冬眠をする動物の場合は冬に向けて栄養を蓄えますが、鳥は飛ぶ関係上栄養を蓄えて体を大きくするのは適応的では無いのかもしれません。

土の中で冬眠する動物は呼吸できるの?

Sponsored Link

人が土の中に埋められてしまうと窒息して死んでしまうと言われます。

そこで疑問に思われるのが冬眠する動物は土の中で呼吸できるのかというものです…。

これについては冬眠をすると動物は代謝に使うエネルギーを著しく低下させるため、僅かな空気でも窒息しないのではないかと言われています。

また、哺乳類ではなくヘビやカエルといった変温動物の場合は必要とする空気の量が少ない上に冬季は代謝にエネルギーを使わないので土の中でも問題ないのだと考えられます。

けれど冬眠する生き物は0℃近い低温状況下でも、生命を維持し続けられるからスゴイですよね。

ただ、サルの仲間は3種類しか冬眠しないので人は冬眠は基本的にはできないようです!笑

冬は寒いので活動するのが億劫ですよね…。

だからこそ人は暖を取れる居住空間を作ったのだと思いますけどね!

まとめ

・冬眠は哺乳類と鳥類の一部が行い、変温動物の仲間がするのは冬越と言われる

・冬眠する哺乳類は183種類、鳥類は1種類いることが知られている

・土の中で冬眠しても代謝に使うエネルギーが少ないため窒息することはない

関連記事

台風の時は動物達はどこにいる?予知して避難しているの?

日本の危険生物ランキング!島国だから毒のある生き物は少ないの?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link


生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です