千と千尋のイモリの黒焼きは精力剤?ほれ薬の効能と通販は可能?

千と千尋の神隠しに出てくる食べ物?にイモリの黒焼きというものがあります。

千と千尋に登場するキャラクターがイモリの黒焼きを見た時のリアクションが特徴的ですよね。

男性のキャラクターは無性に欲しがったり、女性のキャラクターは頬を赤らめたり…

実はその行動には理由があるんです。

今回はイモリの黒焼きについて深掘りしていきたいと思います!

Sponsored Link

イモリの黒焼きとは?

イモリの黒焼き』は日本では惚れ薬として、これを使えば相手が自分に恋愛感情を募らせると考えられていました。

江戸時代には媚薬などを専門として取り扱う『四つ目屋』という薬屋が撒布薬として販売していたそうです。

竹筒の仕切りを挟んで両側に交尾期のイモリのオスとメスを一匹ずつ入れて焼くことで作ることができます。

それによって、しきりの向こうの相手に恋い焦がれて心臓まで真っ黒に焼けると言い伝えられています。

いわゆる俗説というやつで『確かな根拠は無いけれども、世間に言い伝えられている話』ですね

本来の惚れ薬としての使い方はその黒焼きを粉にしてふりかけて使うようですね!

千と千尋の神隠しではイモリの黒焼きは食べられていますが、どのような立ち位置で使われているのでしょうか?

関連記事:イモリの飼育方法と餌は?ペットで飼いやすい種類の値段と販売店は?

千と千尋の神隠しでの使用用途

Sponsored Link

千と千尋の神隠しの映画を見ると男性のキャラクターは無性に欲しがったり、登場する女性キャラのリンは釜爺にイモリの黒焼きを渡された時に顔を赤らめています。

これは千と千尋の神隠しの劇中ではかなり貴重な『精力剤』という立ち位置でイモリの黒焼きが用いられています。

その理由は映画製作時に使われていた絵コンテにあります。

kuro3
写真引用:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

絵コンテにはバイアグラよりも価値があるとされています…。

実際に精力剤としての効能は明確に記載されているものはありませんが、滋養強壮に良いとされています。

恐らく劇中では『精力剤』として取り扱われていることから、それを見たリンは顔を赤らめているのだと思います

そのため現在では惚れ薬ではなく、漢方薬の一種として取り扱われています。

通販で購入可能?

現在はイモリの黒焼きではなくて、漢方薬の『イモリの蒸し焼き』という形で販売されているようです。

しかも、通販で購入することが可能だということがわかりました!

値段は雌雄一対で税込3024円で販売されています。

印象としてはかなり希少性が高いものなのではないかと思います。

また、効果があるのであれば男性としては一度食してみたいですね!笑

まとめ

・イモリの黒焼きや昔から惚れ薬として使用されていた!

・千と千尋の神隠しでは『精力剤』という位置づけで使われている

・現在も購入可能で通販でも買うここができる!

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!

関連記事:ウーパールーパーの唐揚げ丼の味は?大阪や東京で食べられている?

Sponsored Link


記事が参考になったという方は
FBTwitterでシェアしてみてはいかが?

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です