イモリの毒の成分と毒性は強い?触った時の症状と死亡例は?

イモリは可愛らしい見た目をしてますが、があるというのは有名ですね。

お腹の赤と黒の模様も毒を持つことを他の動物に知らせる警告色になっていると考えられています。

ただ毒があると言われていはいますがどれくらい強いもので人に害があるのでしょうか?

今回はイモリ毒性や危険性ついて深掘りしていきたと思います!

Sponsored Link

イモリは危険?毒の成分と毒性は?

アカハライモリ
多くの両生類は体を細菌などから守るために弱い毒を皮膚などから分泌しています。

その中でもアカハライモリなどイモリの仲間はフグの毒で有名な『テトロドトキシン』という強力な毒の成分を持ち合わせています。

ただ、日本の両生類で明確にテトロドトキシンを持っていると示されているのはアカハライモリだけのようです。

触る分には問題がないですが、目に入ると危険で痛みが伴ったり、炎症を起こすと言われています。

両生類やイモリに限った話ではなく生き物を触った際にはちゃんと手を洗うことが大切ですね!

特に子供はこういった生き物を触った後に目をこすってしまったりしまうことがあるので注意しましょう。

イモリの毒が原因で死亡したケースは?

Sponsored Link


アカハライモリのテトロドトキシンで人が被害を受けたようなケースはほとんどと言ってほどありませんでした。

イモリは江戸時代から精力剤として『イモリの黒焼き』が販売されていたり、一部の地域ではイモリを焼いて食べる場所もあるようですが死亡例はないようです。

テトロドトキシンの毒性について調べると300℃以上に加熱しても分解されないので注意が必要で人が口から摂取したときの致死量は1‐2mgという記載があります。

その点食べられていたりする事例を考慮するとアカハライモリに含まれるテトロドトキシンはそれほど量がないのか強いものではないと考えられます。

また、テトロドトキシンを持つ全ての生物が常に毒を蓄積している訳ではなく、生息地や時期によって毒量は変化するようです。

実際イモリは毒を保有する理由は捕食者からの防衛と細菌などから身を守ることだと言われていますが、サギ類の鳥には普通に捕食されています…。

生物の種類によっては毒が致死量ではないからか食べることができてしまうのかもしれませんね!

フグの毒と同じと聞くと致死性があるように聞こえますが、今まで挙げた事例をみるとそれほど多くの毒を含んでいるわけではなさそうですね。

ただ、毒があると知っていて食べる必要性は全くないと思います!笑

まとめ

・アカハライモリにはテトロドトキシンというフグと同じ毒がある

・イモリの毒は量が少ないのかそれほど強くなく、触っても手を洗えば問題はない

・テトロドトキシンを持つ生物の毒量は地域や時期によって変動するため毒があると知ってて食べる必要性はない

関連記事

イモリの飼育方法と餌は?ペットで飼いやすい種類の値段と販売店は?

千と千尋のイモリの黒焼きは精力剤?ほれ薬の効果と通販は可能?

イモリとサンショウウオの違いは?見分け方と飼いやすい種類は?

ヤモリとイモリの違いは?ゴキブリを食べてくれるかわいい方はどっち?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link


生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です