スズメの寿命は何年くらい?野生と飼育個体ではどれくらい変わるの?

スズメという普段何気なく見かけて気にも止めないことがほとんどだと思います。

身近な生き物も観察してみると実は面白かったりするんです。

そんなよく見かける小さな鳥スズメはどれくらい生きるのか知っていますか?

今回はスズメがどれくらい生きるのかなど寿命について深掘りしていきます!

Sponsored Link

スズメの寿命はどれくらいなの?

2676717
家の周りで見かけたりするので馴染みの深い鳥でほとんどの人が名前くらいは知っていると思います。

たまにスズメとツバメが混同している人がいますが、スズメは茶色と白の小型の鳥です。

日本に生息する野生スズメの寿命については具体的にはわかっていませんが、ヨーロッパで行われた調査を見ると生存率は高くないです。

秋に一度捕獲されたヒナが翌年の春を迎えるまでの生存率は49%です。

その後さらに生存率が減り、39%になってしまいます。

これが同じように日本でも成り立つ場合は、1年目の春を迎えられた個体の余命は1年ほどしかないようです。

卵から巣立ち、巣立ちから秋までの間でほとんどのスズメが死んでしまうことになります。

そのため、生まれたばかりのスズメの期待できる余命は半年以下ということです…。

このような低い値をとるのは天敵となる捕食者が多いことが考えられます。

スズメの天敵

Sponsored Link

意外と思われることが多いですが、身近にいるスズメの天敵はカラスです。

特に都市部や町中でよく見られるハシブトガラスは肉食傾向が強く、スズメのような小型の鳥は食べられてしまいます。

他にも猫や猛禽類なども天敵になります。

野生化と飼育下での寿命

スズメの野生化での最長寿命はの記録は約6年です。

厳密に言えば2293日ですが、これは標識をつけてから採捕獲された時の日数なのでそれ以上生きることはわかっています。

ただ、若年時の寿命が非常に短いので稀なケースだと思います…。

飼育されているスズメでは最長で15年以上生きた例があります!

それだけスズメにとって捕食者という存在は脅威であることがわかりますね。

また、人が与える影響によってスズメは減少しているそうです。

その原因としては都市化によるエサの減少が大きく関わっています。

農村部に比べて都市部に生息するスズメはヒナがそもそも巣立っていないようです。

恐らく子育て中に与えられるエサが少ないのが減少に大きく関わっているのではないかと考察しています。

まとめ

・スズメは若年時の生存率が極端に低く、ほとんどは若い時に死んでしまっている

・スズメは野生化での最長寿命は6年強で飼育下では15年以上

・スズメの減少には環境の変化によるエサの減少が大きく関わっていると考察

同じく身近でみられるカラスの違いはこちら

ハシブトガラスとハシボソガラスの違いは?見分け方と特徴を画像で解説

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です