ゾウの寿命はどれくらい?動物園では長く生きられないの?

ゾウ()と言えば子どもの頃から不思議と名前を知っている動物ですよね。

またゾウは現生で最大の陸生哺乳類でもあります。

そこで気になるのはあのような巨体でどれくらい生き続けるのかということです!

今回はそんなゾウの寿命生態について深掘りしていきます。

Sponsored Link

ゾウの生態

zou1

ゾウはもう誰もが知っていることですが、長い鼻と大きな耳が特徴の動物です

また首が非常に短いことも特徴で鼻を使わないと食事や給水ができません。

ちなみにこの長い鼻はかなり器用に使うことができ、小さいものから豆腐のようなものまで掴めるそうです!

さらに知能も非常に高く、人の顔を見分けることもできます。

ゾウの生息地

地球上に現生して存在するゾウはアフリカゾウとアジアゾウの二種類です。

名前の通りでアフリカゾウはアフリカに生息しており、アジアゾウはアジアに生息しています。

どちらの種類も近年大幅に数が減っており、アジアゾウはもう本当に限られた場所にしか分布していません…

ゾウの食性

ゾウは主に植物食で葉や草、果物、野菜などを食べます。

自然下ではミネラルを補給するために泥や岩塩を食べることもあるようですね!

驚きなのは食べる量で1日に150kgの植物を食べ、水分は水100Lを必要とします。

やはりあの巨体で活動するためにはかなりの食事量が必要なようですね。

現在野生のゾウは減ってしまっていますが、ゾウが増えすぎると植生の回復が追いつかずに環境破壊の元凶になることもあります。

ゾウの寿命はどれくらい?

Sponsored Link

基本的に動物の寿命というのは体の大きさ比例します。

肝心なゾウの寿命ですがアジアゾウは80年、アフリカゾウは70年ほどと言われています。

こう聞くとあまり長くないように感じるかもしれませんが、人間以外の陸生哺乳類の中ではこれが最長寿命です。

平均寿命にすると野生下で約56年とされており、ハツカネズミの平均寿命が4ヶ月ということを考慮するとかなり長いですよね。

また、ゾウが大人(成獣)になるまで20年ほど掛かり、メスは60歳くらいまで子どもを産むことができます。

動物園では寿命が縮まるの?

zou

食性で語ったようにゾウはかなりの量の食事を摂ります。

その理由は生命活動に使うエネルギー量が多いからです。

しかし、動物園にいるゾウは運動量が野生下に比べてかなり少ないので短命だと言われています。

ある海外の研究では動物園で生まれたものは野生下のゾウに比べて平均寿命が3分の1しかないというデータもあります。

よく小さな動物の場合だと飼育時の方が長生きしますが、それは外敵から襲われないというのと体が小さい分だけ飼育下でも運動量を確保できるからだと思います。

そう考えると大型の動物の飼育はちょっと考えてしまう部分がありますよね…

まとめ

・ゾウは一日に150キロの食事と100Lの水分を補給する

・ゾウの寿命は約70年で野生下での平均寿命は56年ほど

・動物園のゾウは運動不足などが原因でかなり寿命が短い

関連記事
チンパンジーは人間を襲う?凶暴で力が強く共食いまでする?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link


生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です