ウミヘビは肺呼吸なの?時間はどれくらい海に潜っていられる?

ウミヘビは名前の通り海に棲むヘビで主に海中で餌を獲って生活をしています。

しかし、気になるのは呼吸はどうしているのか?ということです。

ウミヘビの中には一生を海中で生活するものもいますからね。

今回はそんなウミヘビ呼吸法やどれくらいの時間海にいることができるのかについて深掘りしていきます。

Sponsored Link

ウミヘビは肺呼吸?息継ぎはしているの?

3523164
ややこしいことに魚でも『ウミヘビ』というものがいますが、こちらでは爬虫類のウミヘビについて話をしていきます。

ウミヘビは爬虫類なのでウミガメと同様に肺呼吸の生き物です。

私はウミガメが海面から顔を出して呼吸をしているところを稀に見ますが、ウミヘビに関しては見たことがありません。

しかし、肺呼吸なのでウミヘビも息継ぎのために海面に出て来るそうです。

ウミガメに比べて目立たないので見つけるのが難しいのかもしれませんね。

どれくらいの時間潜っていられるの?

Sponsored Link

ウミヘビは海中で活動している間は息を止めていることになります。

どれくらいの間潜っていられるかというと通常30分から60分の間潜っていられるそうです!

私自身は息を止めて潜水していられる時間は1分程度なので驚きの長さです…。

しかし、このようなことができるのには理由があります。

ウミヘビは人と違って変温動物なので体温を一定に保つために熱を作り続ける必要がありません。

そのため基礎代謝で使う酸素量が少ないので水中で長い間息を止めていられるわけです!

さらにこれだけでなくウミヘビは皮膚呼吸能力を持っています。

陸にいるヘビも多少は皮膚呼吸をしていますが、ウミヘビは皮膚呼吸だけで潜水中に使う酸素量の5分の1を賄うことができるのです。

この皮膚呼吸を行うことで代謝で生じた二酸化炭素も排出できるので一石二鳥の能力ということになります。

また、息継ぎするときは海面で2,3回呼吸をするだけだそうです。

長く潜るにも関わらずかなりあっさりしています。

人が潜るとき大きく息を吸うのがちょっと馬鹿らしく思えてしまいますね…笑

ただ、さすがにウミヘビでも産卵するときは陸に上がるようです。

例外として海の中で子供を産むウミヘビは酸素を供給するために卵を体中で孵すと言われています。

ダイビングなどで遭遇した時は少し怖いですが、色んな工夫を行うことで海の環境に適応していることを考えると非常に面白い生き物ですね!

まとめ

・ウミヘビは爬虫類の仲間なので肺呼吸をしている

・ウミヘビの30~60分程度潜っていることができる

・長時間潜水ができるのは基礎代謝で使う酸素が少ないのと皮膚呼吸をしているから

関連記事

ウミヘビの毒の成分は最強?噛まれた時の症状や応急処置法は?

エラブウミヘビを食べることができる?沖縄料理イラブーの効能は?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です