蚊の羽音がうるさい理由は?夜眠れなくいけど対策はあるの?

『さて寝てよう』と思って寝床についた時に耳元で『プーーン』と耳元で羽音がする…。

5月から夏終わりくらいになると何よりうざったいのが『』です。

普段蚊に刺されるのも嫌ですが、一番嫌なのが眠ろうとしている時の『あの羽音』ですね…。

今回はなぜあのようなうるさい羽音が立つ理由や、蚊のせいで夜眠れないときの対策について紹介していきます!

Sponsored Link

蚊の羽音がうるさい理由

urusai
蚊がなぜあんなにも耳元でうるさいのかということですが、その理由は羽音の周波数にあります。

人間の耳で聞き取ることのできる周波数は通常20~20,000ヘルツです。

虫が羽ばたいたりするときは必ず音が出ているものですが、蚊の羽音は350~600ヘルツと人間が聞き取ることのできる可聴周波数の領域に入っているため耳元で羽ばたかれるとうるさく感じます…。

蚊は1秒間に約800~1000回も羽ばたいているため羽音があのような高音になっているのです。

また、夜眠るときに耳元にわざわざ近寄ってくるのにも理由があります。

蚊は血を吸える対象を探すときには体温や呼吸によって吐き出される二酸化炭素などを頼りにしています。

人の場合は主に二酸化炭素を吐くのは口からですが、老廃物の排泄のため皮膚からも少なからず二酸化炭素を排出しています。

蚊はその微妙な二酸化炭素からも人のいる場所を判断しているのです。

就寝時は布団で体を覆っていることから血を吸う場合は顔や手、足先などが主になってきます。

特に顔は呼吸をしていて二酸化炭素も大量に吐き出されているので就寝時は特に近づいて来やすいですね…。

夜中に蚊のせいで眠れない時の対策

Sponsored Link

事前対策としては蚊取り線香を焚くなどの方法がありますが、部屋に蚊がいるということがわかっている場合の対策を紹介していきます。

蚊がいなくなるスプレー

1プッシュで蚊がいなくなると謳われているスプレーですが、蚊の対策アイテムの中でもかなり効果が高いと評判だそうです!

事前対策としても利用することができますが、即効性もあるスプレーのため嫌な音で起こされたときに使ってもすぐに蚊を退治することができます。

そのスプレーはこちら
蚊がいなくなるスプレーB 200日(45mL)【蚊がいなくなるスプレー】

安価で長く使えるのでありがたいですね!

ハッカ油

ハッカ油ってなんだ?と思う方もいるかもしれませんが暑さ対策や虫よけ、消臭などに幅広く使われる便利グッズです!

夏場は暑さ対策として使われることが多いですが、ハッカ油は虫よけ効果も強くて蚊以外の虫にも効くので持っていて損はありません。

使い方は簡単で自分の布団や寝る部屋全体にかけるだけでOKです。

酢を使う

上のような対策グッズがないときの身近なものを使った対処法としては、『お酢』を使うというものもあります。

お酢には虫よけの効果があり、よくガーデニングのときにも用いられます。

蚊対策として使用する場合はグラスや容器に入れて寝床のそばにおいておくだけです。

色々と行える方法はあるので、自分にあったものであの鬱陶しい音から開放されるよう対策を講じていきましょう!

ただでさえ寝苦しい夏は快適に眠りたいものです。

まとめ

・蚊の羽音がうるさいのは人間が聞き取れる周波数で一秒間に1000回も羽ばたいているため

・蚊が寝ている時に顔周りに来るのは呼吸によって吐かれる二酸化炭素が原因

・蚊の対策には『蚊がいなくなるスプレー』『ハッカ油』『酢』などが効果的!

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!

関連記事:蚊の侵入経路はどこ?エアコンや網戸から入ってくるって本当?

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です