軍隊アリに天敵はいるの?人間を白骨化させるって本当?

日本にいるアリは危険性が高い種類はいませんが、世界に目を向けると危険なアリは数多く存在します。

しかし、最近ヒアリというアリが貨物の中に入っており、日本で発見されたというニュースがありましたね。

そんなの中でも軍隊アリは最強の生物とも言われている生き物です…

それに人間白骨化させることもあるとか…^^;

今回は軍隊アリ生態天敵、危険性などについて深堀していきます。

Sponsored Link

軍隊アリの生態

軍隊アリの生息地は熱帯雨林地域ですが、日本にもヒメサスライアリとチャイロヒメサスライアリという種が西表島で生活しています。

私自身西表島に行った際に探してみましたが、残念ながら見つけることはできませんでした。

彼らは目が退化しており、ほとんど盲目であろうと言われています。

軍隊アリの特徴として女王アリ、雄アリ、働きアリという階級のほかに働きアリが4種類の役職に分類されています。

働きアリはメジャー(軍隊の隊列を見守る)、サブメジャー(捕まえた獲物を運ぶ)、メディア(狩りを行う)、マイナー(橋になる)という役職に分かれているそうです!

橋になるかかり?と思う方もいるかもしれませんが、これも立派な役職です。

軍隊アリは決まった巣を持たずに日々行進しながら獲物をとって生活しているため、どうしても一匹では進めない場所がでてきます。

そこでマイナーが何匹も集まって橋になることにより、軍隊全体が新しい場所に進むことができるのです。

そして、軍隊アリの最強といわれる由縁は非常に獰猛で、群体と出会った生物を数万匹で一斉に攻撃する点にあります。

彼らは非常に発達した大顎や毒針を持っており、時にはゾウや人間にも襲い掛かるため、現地の人々に非常に恐れられています。

軍隊アリに天敵はいる?

Sponsored Link

そんな軍隊アリにも数は少ないですが天敵がいます。

テキサスホソメクラヘビというヘビは体からアリが攻撃しない物質を出しているため軍隊アリからも攻撃されず、逆に軍隊アリを捕食するので天敵といえるでしょう。

因みに、テキサスホソメクラヘビは目が退化しており、ほとんど彼らも目が見えません。

人間も白骨化さたことがあるとか…

軍隊アリに襲われるとヤモリやヘビなどの動物は数時間で白骨化します。

人間の大人でも一度かまれたら激痛が走ります。

例え逃げられたとしても大けがに繋がる可能性が高いです…

もしも、子供やすぐに逃げれないような人であれば、最悪の場合は死亡する可能性さえあります。

また、拷問の一つとして軍隊アリを使ったものがあり、動けなくした人を軍隊アリの歩いている場所に放置すると、1日で白骨化するそうです^^;

まとめ

・軍隊アリは通常のアリ同様、階級が分かれているほか、働きアリ内で4つの役職に分かれている

・テキサスホソメクラヘビは軍隊アリから攻撃を受けないため軍隊アリの天敵

・軍隊アリを使った人間が白骨化する程の拷問がある

関連記事
働き蟻の法則ではサボり魔がいる?怠け者がいる習性にも意味がある

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link


生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です