ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)の販売店や値段は?種類ごとの相場はどれくらい?

爬虫類のペットで比較的飼いやすいヒョウモントカゲモドキですが、飼いやすさだけでなく安価であることと種類が豊富であることが人気の秘密ですね。

購入を考える際に知っておきたい主要な種類値段相場についてご紹介していきます。

Sponsored Link

ヒョウモントカゲモドキの販売店

ヒョウモントカゲモドキは英名だとレオパードゲッコーというのでレオパという愛称で親しまれています!

レオパを購入するのには爬虫類を取り扱っているペットショップで購入するか、大きな会場などで行われる即売会イベントに参加するかの主に2つの方法があります。

どちらも長所短所がありますが、ペットショップの場合は爬虫類専門の大型の店舗であれば比較的多くの種類を置いています。

専門でないような小さいお店では数個体しか置いていないので模様や種類を選ぶことはできません。

ただ、メリットとしては置いてある個体の状態など詳しく聞けたり比較的ちゃんと面倒を見てもらえている印象を受けます。

即売会などのイベントでは多くの種類のレオパが販売されており、種類や模様も選択肢が豊富です。

最大のメリットは比較的安く購入できるということと珍しい個体も出回っていることです。

デメリットは出展者にもよりますが、イベントだと若干たたき売りな要素もあるため、その個体に関する情報などがしっかり把握されてないこともあります。

中には違う種類の名前で売られていることもあります。

ただ、中にはかなり丁寧に育てているブリーダーの方もいるので個体の状況など細かいことを聞きたい場合はそのような方から購入した方が安心です。

イベントは

『ジャパンレプタイルズショー』
『ブラックアウト』
『とんぶり市』

などがあります。

純粋に色々見るだけでも楽しいので試しに行ってみるのもオススメですね!

レオパの給餌動画

通販は可能か?

中には周辺にペットショップもなくてなかなかレオパを購入する機会もない方もいると思います。

ただ爬虫類の販売は法律で対面での説明が必要とされているため通販で購入することができません。

そのため、直接お店やイベントに参加する必要があります。

ただ通販が禁止されているわけではなく対面での説明が義務付けられているため直接お店やイベントで説明を受けていれば後から通販で購入することはできると言われています。

関連記事:ヤモリとイモリの違いは?ゴキブリを食べてくれるかわいい方はどっち?

ヒョウモントカゲモドキの種類ごとの値段相場は?

Sponsored Link

ヒョウモントカゲモドキの値段は種類によって大きく値段が変わります。

どのペットにも共通しますが、珍しい模様のものや希少性の高い個体は非常に高いため数万円の値がつきます。

流通量の多いノーマルな種類であれば大体2000~8000円くらいの相場で購入することができます。

種類ごとの値段

■ハイイエロー
『ノーマル』として販売されている個体のほとんどはハイイエローという品種です。

名前の通りでヒョウ柄で最もヒョウモントカゲモドキらしい模様です。

値段は安いものだと2000円程度でも購入することができます。

■マックスノー
ハイイエローに比べて黄色味が抑えられている品種です。

様態のころはモノトーン調の体色をしているのが特徴で、成長につれて少し黄色味を帯びてきます。

また頭部の皮膚が薄いことから眼球が透けていて目の上が青く見えます。

相場としては6000~10000円ほどで購入することができます。

■ハイポタンジェリン
体表に黒色の斑紋が少なく、全身にオレンジ色が広がり、黒斑が少ないものほどよいとされている種類で胴体部分の黒斑がほぼないものはスーパーハイポタンジェリンと呼ばれています。

ハイポタンジェリンは大体10000円程度で購入できます。

スーパーハイポタンジェリンとなると10000~20000円あれば購入可能だと思われます。

さらに細分化されており、希少性の高いものほど高額になって行きます。

■アルビノ
アルビノは主にトレンパーアルビノ、ベルアルビノ、レインウォーターアルビノの三系統の種類があります。

アルビノは遺伝子情報の欠損でメラニン色素が消失したものです。

ただヒョウモントカゲモドキの場合、完全にメラニン色素が消失しているわけではありません。

色合いとしては黒斑が薄くなって茶色っぽく見えます。
全体としては黄色とピンク色が強いです。

ものにもよりますが6000~10000円程度で購入することが可能です。

注意すべき点としてはアルビノは目が悪い場合があるのでハイイエローなどと比較すると手がかかります。

飼えないことはないですが、始めのうちは避けておいても良い種類のヒョウモントカゲモドキだと思います。

また、ヒョウモントカゲモドキの品種(モルフ)は細分化すれば100種類を超えると言われています。

今回紹介した種類はオーソドックスな品種です。

中には数十万円もするような品種もいるのでかなり奥が深いです。

特に柄などにこだわりがない場合は最も一般的なハイイエローで良いと思います。

人気なのはハイポタンジェリンなどなので購入の際には販売している方に詳しく話を聞いてから最終的に決めるとよいでしょう。

まとめ

・ヒョウモントカゲモドキはペットショップか展示即売会のイベントなどで購入できる

・爬虫類の販売は対面での説明が義務付けられているため、一度店頭かイベントで受けてからでないと通販は不可

・一般的な品種のレオパであれば2000~8000円程度の値段で購入可能

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!

関連記事:爬虫類のペットでおすすめは?【初心者必見】飼いやすい種類はこれ

Sponsored Link

記事が参考になったという方は
FBTwitterでシェアしてみてはいかが?

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です