マムシの駆除と退治方法は?被害の時期と件数はどれくらい?

夏前にマムシが家の周りに出る…けどヘビが怖くて退治することができないという方は少なくはないと思います。

私も自宅の前が藪なので家の敷地にマムシがいた!なんてことはよくあります。

今回はマムシ駆除退治方法被害時期などについて紹介していきます。

Sponsored Link

マムシの被害時期と件数は?

SHI65_hinatabokkomamushi20140720_TP_V
マムシは一般的には冬眠を始めるのは10℃以下になってからと言われています。

そのため意外と寒い時期になっても最高気温が10℃を超える場合は活動しているマムシも少なからずいると考えられます…。

冬に山歩きなどをした人でも暖かいと12月でもマムシに遭遇することがあるようです!

マムシの被害は年間約3000件ほどあり、死亡する例も5~10名程度は起きています。

特に子供を産む前のマムシは攻撃的になると言われています。

メスは8~10月頃に幼蛇を産むため、この時期はマムシの被害数が多いと言われています。

特に8月なんかは行楽シーズンで人の野外での活動も増えるので遭遇する機会が多いのかもしれませんね。

しかし、年間3000件ほど噛傷の被害があるというのは結構な数ですよね…。

散歩する場所にもよりますが中には犬がマムシに噛まれるケースもあるようです。

マムシの駆除や退治方法は?

Sponsored Link

基本的にマムシは臆病な性格なので不用意に近づいたりしなければ基本的に噛まれることはありません。

しかし、家の周りにマムシが出るのは怖いですよね…。

直接的に駆除や退治する方法もありますが、一番簡単で薬などを使わない方法はマムシが好むような場所をなくすことです!

家の周りにマムシが隠れやすいような藪や岩場などがある場合は撤去または減らすと良いでしょう。

また、害虫などを寄せ付けない薬剤などは多いですが、ヘビに関して言うとそのような薬剤は少ない上にかなり高額になります…。

ヘビ全般に効果があるとされる散布するタイプの薬品は一つだけで日本製のものではありません。

私が調べた効果の高い最安値の忌避剤はこちらの商品です。

スネークアウェイ【ヘビ用忌避剤】(蛇駆除、ヘビ駆除)

値段は8000円近くするのでかなり高いような気もしますので、買わなくてもいいかもしれませんね。

どんなものか興味ある人は見てみてください。

 

ただ、かなり独特な匂いがするらしいので家の周りなどが臭くなるのが嫌な場合は使用しない方がいいかもしれません!

しかし、予防策として行う他の方法は駆除業者に依頼すること方法だけです。

大体専門の業者に頼む場合は相場として15000~20000円ほどすると言われています!

頻繁にヘビが出て本当に困っている場合は業者に相談するか、値段を抑えるために自分で散布剤を撒くようにすると良いと思います!

まとめ

・マムシの被害の件数は年間で約3000件もあり、死亡例も5~10件ほど

・マムシの活動時期は気温が10℃以上でいる間は遭遇する可能性があると言われている

・マムシの主な駆除・退治方法は散布するタイプの忌避剤を使うか業者に頼むなどの方法がある

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!

関連記事

日本に生息するヘビ全種類まとめ

アオダイショウの幼蛇(子供)がマムシに似ている?画像付きで徹底比較!

マムシの毒の成分はどれくらい強い?噛まれた時の症状と対策は?

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です