ビーバーは日本に生息するの?見られる動物園は関東と関西にある?

ビーバーは水辺で生きる哺乳類ですね。何故か名前だけは知っている人は多いと思います。

そして、日本で野生のビーバーを見たという人?がいるという話があるとのこと…。

今回はビーバー日本生息するのか、どこの動物園で飼育しているかについて深掘りしていきます。

Sponsored Link

野生のビーバーは日本に生息してるの?

b
結論から言うとビーバーは日本に野生では生息していません。

日本でビーバーを見た!という人が稀にいますが、恐らくそれはヌートリアという別の動物ですね。

ヌートリアは毛皮をとるために移入した個体が野生化してしまい、特に西日本では分布が拡大してしまっています。

ビーバーに関しては世界でも北アメリカに生息するアメリカビーバーとヨーロッパに生息するヨーロッパビーバーの2種類しかいません。

実物は想像するよりも遥かに大きく、80-120cmにもなります…。

そして何より特徴的なのはオールのような形をした大きな尻尾です!

この尻尾がたまらなく可愛いです…。

大きくて非常に丈夫な前歯を持っており、太い木の幹でも簡単にかじり倒せてしまいます。

また、ダムを作る行動が有名ですね。

ダムを作ることで岸辺に接する川の面積が広がるため、食物をとる範囲が増えます。

必死こいてダム作りをするのは餌をとるためなので、それは本気になりますよね。笑

ビーバーが見られる動物園はどこ?

Sponsored Link

日本では多くの動物園でビーバーが飼育されています。

ビーバーの繁殖が成功している動物園もあるので、比較的飼育しやすい動物なのかもしれません。

ただ、ヨーロッパビーバーは非常に数が少なく貴重な動物なので日本の動物園で飼育されているのは恐らくアメリカビーバーだけだと思います。

関東の動物園

■那須どうぶつ王国

■宇都宮動物園

■かみね動物園

■東武動物公園

■羽村市動物公園

■千葉市動物公園

■遊亀公園動物園

■市原ぞうの国

関西地方の動物園

■東山動物園
東山動物園では2016年の6月にアメリカビーバーの赤ちゃんが生まれているので子供のビーバーを観たい場合はオススメです!

■和歌山公園

■みさき公園

■鳥羽水族館

※こちらにある動物園はビーバーの飼育記録がある動物園です。

まとめ

・ビーバーは野生で日本には生息していない

・野生でビーバーと勘違いされるのはヌートリアという別の生き物

・ビーバーは飼育しやすいのか日本の動物園でも繁殖記録がある

関連記事

イノシシの子供をうり坊と呼ぶ理由は?何か違いがあるの?

トナカイは日本に野生で生息しているの?見られる動物園はある?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です