サンタクロースのトナカイの数は何頭?名前や意味があるって本当?

トナカイというとワンピースのキャラクターのチョッパーやサンタクロースのソリを引いているイメージがありますよね。

実際にトナカイは古くから家畜として人に飼育され、荷役として利用されてきました

実はサンタクロースを引っ張っているトナカイには名前があるそうです。

今回はサンタが用いているトナカイについて深掘りしていきたいと思います!

Sponsored Link

サンタクロースとは

1703032
サンタクロースは、クリスマスの前日の夜に良い子のもとへプレゼントを持って訪れるとされている人物です。

大人になるといつか現実に気づいてしまいますが、小さい頃は本当にサンタさんがプレゼントを持ってきてくれていると信じていました。

クリスマスに私の家の来ていたサンタは律儀に玄関にプレゼントを置いてくれていました。笑

サンタのイメージは歴史とともに変わっており、トナカイの数も変わっているそうです。

サンタクロースは何頭のトナカイを飼っている?

9238
本題のトナカイについてですが、サンタクロースとトナカイのことを頭で描いていくとトナカイは1~2頭しかいないイメージですよね。

最初はサンタが連れているトナカイの頭数は明確には決まっていなかったのですが、1823年に作られた詩でサンタが連れているトナカイは8頭とされました。

個人的にはソリを引くのにそんなに頭数が必要なのかという疑問がありますが、しっかりとその8頭には名前があるようです。

トナカイの名前と意味は?

Sponsored Link

サンタクロースのソリを引く8頭のトナカイの名前はこちら

・ダッシャー (Dasher)…突進者
・ダンサー (Dancer)…踊り子
・プランサー (Prancer)…威勢のよい
・ヴィクセン (Vixen)…口やかましい女
・コメット (Comet)…彗星
・キューピッド (Cupid)…愛の神
・ダンダー (Dunder)…雷鳴
・ブリクセム (Blixem)…稲妻

当初は名前などはなかったのですが、サンタクロースが来たの詩ができたことで8頭いることが有名になりました!

そして、1939年にはクリスマスソング『赤鼻のトナカイ』に登場するルドルフ (Rudolph) が9頭目として加わります。

ルドルフは一番若く先頭を走るトナカイです。

9頭のトナカイの中でもルドルフだけが特別で名前は元々ある単語ではなくてオリジナルの名前ですし、赤い鼻をしています。

赤鼻のトナカイの歌詞にも『暗い夜道はピカピカのお前の鼻が~』とあるように先頭でないと役立たずになってしまいますからね!

また、実際のトナカイは鼻が赤いのか?ということですが、トナカイの鼻には多くの毛細血管が巡っているため激しい運動をすると鼻の粘膜が充血して赤くなることがあるそうです。

もしかしたらソリを引いているトナカイ達には相当な負担がかかっていたのかもしれませんね!笑

まとめ

・サンタクロースが連れているトナカイは現在9頭でそれぞれ名前がある

・9頭のトナカイの中でもルドルフはクリスマスソングで有名な赤鼻のトナカイのこと

・トナカイの鼻が赤くなる理由は運動することで鼻の粘膜が充血するから

関連記事

トナカイは日本に野生で生息しているの?見られる動物園はある?

ニホンカモシカ生息地と生態は?天然記念物で絶滅危惧種でもあるの?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link


生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です