ハツカネズミはペットとして飼育できる?餌と販売値段はどれくらい?

ヘビやフクロウなどのエサとして扱われることの多いハツカネズミですが、中にはハムスターに似ていて飼育したいという方もいます。

病気などは大丈夫なのか心配もありますよね。

今回はそんなハツカネズミペットとして飼育できるのか、販売されているなら値段はいくらなのか深掘りしていきます。

Sponsored Link

ハツカネズミはペットとして飼育できる?

3227c5c480e6b2947306d843ac688a2a_s
ハツカネズミは非常に飼育しやすい動物です。

主にペットショップで取り扱われるのは実験用に飼いならされた体色が白いものが通常ですね。

人馴れするのと学習能力が高いのでとても飼いやすいです。

また、生後2~3ヶ月で性成熟して繁殖もしやすいのでオスとメスを一緒にして飼育するとかなり高い確率で子供を産みます。

飼育する上での注意点は世話をしないとすぐに臭くなってしまうところですね。

飼育に必要なもの

 

■飼育用ケース

ハムスターを飼育するような格子型のケースが良いでしょう。

プラスチックケースなどでも飼育はできます。

■床材

糞を頻繁にするので掃除をし易いようにするためにも床材は必須です。

消臭効果やダニよけのマットなどが良いと思います。

■取り付け式給水器

こちらも同じくハムスターで使われるような給水器を用いると良いですね。

 

エサは何をあげればいいの?

Sponsored Link

エサは市販で販売されているマウス用のペレットで問題ありません。

また、たまにはリンゴやキャベツなどの果物・野菜を与えると良いでしょう。

野生化のハツカネズミは主に植物の種や花、昆虫を食べています。

げっ歯類は歯が伸び続けるのでエサ以外にもかじれる枝などを入れておくと良いでしょう。

ハツカネズミの販売値段は?

ハツカネズミは主にエサ用マウスとして販売されています。

1匹の100~200円程度で購入できるので入手は容易です。

ただ、ハツカネズミは哺乳類なので一般人が通販で購入することはできません。

購入する場合は直接ペットショップに行く必要があります。

野生個体は捕まえたとして飼育はオススメできません。

人にも感染する病原菌やウィルスを媒介する可能性もあるので直接触らないようにしましょう。

まとめ

・ハツカネズミはエサとして用いられるのが一般的ですが、ペットとしても飼育可能

・エサはマウス用のペリットを中心に果物や野菜も与えると良い

・ハツカネズミの販売値段は1匹100~200円程度

関連記事

ハツカネズミの寿命は20日なの?名前の由来と生態について

ドブネズミは巨大化するの?でかいけど大きさはどれくらい?

モモンガとムササビと違いは?飛ぶ理由と飛距離はどれくらい?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link


生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です