ホッキョクグマは共食いをするほど性格が凶暴?冬眠と寿命についても

「地上最大の肉食獣」としても名高いホッキョクグマ。

大きな体や鋭い爪、とがった牙をもち、多くの人から恐れられる生き物です。

その一方で動物園や水族館では愛嬌のある姿やしぐさを見せてくれることも少なくありません。

今回は魅力がいっぱいのホッキョクグマ生態共食い冬眠をするのかについて紹介していきます。

Sponsored Link

ホッキョクグマの生態

ホッキョクグマは哺乳鋼食肉目(ネコ目)クマ科に属する生き物です。

全身が真っ白な毛におおわれているため、「シロクマ」と呼ばれることも少なくありません。

体長はオスの方が大きく、オスで200から250㎝、メスで180から200㎝ほどです。

クマの仲間の中でも頭が小さめで、首がやや長い傾向にあります。

雑食性で、アザラシの仲間や魚類、鳥類などさまざまな動物を獲物として捕らえます。

海藻やイチゴなどの植物を食べることもあるようです。

体が大きいことに加え、極寒の北極圏で体温を作り出す必要があるため、高いカロリーを必要とします。

大きなオスの個体では体を維持するために1日あたり10000キロカロリーを超えるエネルギーを必要とするのです。

泳ぎが上手で長時間にわたり海を移動できるほか、流氷の上に乗ってかなりの長距離を移動することもあります。

交尾の時期は3月から6月ごろです。

7か月から8か月ほどの妊娠期間を経て、メスは2、3頭の子どもを産みます。

ホッキョクグマの生息地

Sponsored Link

名前の通り、ホッキョクグマは流氷のある海や、北極海に面する沿岸などに生息する動物です。

季節によって生息地を移動することが知られています。

夏にはより北の方へ移動しますが、冬期には南へ動いて越冬するのです。

北アメリカ大陸の北部やユーラシア大陸の北部などで見ることができますよ。

ホッキョクグマは共食いするのか

実は、ホッキョクグマは共食いをすることが分かっています。

特に餌のない時期に飢えたオスのホッキョクグマが、子どもやメスを襲って食べてしまうのです。

地球温暖化が進むと北極圏の氷が減り、氷上で狩りをするホッキョクグマがアザラシなどをとらえることが難しくなります。

エサ不足によってホッキョクグマの共食いが増えるのではないかと心配されているのです。

ホッキョクグマは冬眠するのか

クマの冬眠はよく知られた習性です。

冬になるとクマは体温や心拍数を落とし、餌の少ない季節を穴にこもるなどしてやり過ごします。

クマの仲間であるホッキョクグマは、他のクマのように巣穴にこもってじっとしていることはありません。

しかし、北極圏でも餌の少なくなる7月から11月ごろは、エネルギーの節約のため体温が下がり、冬眠に近い状態になることが分かっています。

代謝が低下している状態でもホッキョクグマは動き回ることができるのです。

とても興味深い生態のため、「ホッキョクグマは歩きながら冬眠する」といわれたりもします。

ホッキョクグマの寿命

ホッキョクグマの寿命は25から30年ほどといわれています。

しかし、生まれたばかりの子どもは生後一年以内に死んでしまうことも少なくないそうです。

水族館や動物園で飼育されている個体は30年を超える長寿を記録したこともあります。

 まとめ

・ホッキョクグマは歩きながら冬眠すると揶揄され、代謝を下げて冬を過ごす

・ホッキョクグマは餌のない時期に飢えたオスが、子どもやメスを襲って食べてしまう共食いをすることがある

・ホッキョクグマの寿命は25から30年ほどだが、自然下では生後1年以内に死ぬ個体も少なくない

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ヒグマの日本最大サイズの記録は?危険な時期はいつ頃なの?

Sponsored Link


海の幸好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です