ハサミムシには毒がある?刺されたら痛いけど害はあるの?

ハサミムシというと小さい頃に大きめの石をひっくり返した時などによく見た虫ですね。

また、おしりの方に可動する大きなハサミを持っているのが特徴的です。

時たま家の中に入り込んでしまうことがあるので困った存在になるときもあります。

中にはハサミムシに刺されて痛い思いをしたという方もいるようです…。

今回はハサミムシ刺されたら害はあるのかについて深掘りしていきます!

Sponsored Link

ハサミムシに毒はある?害虫なの?

2406868
日本にいる多くのハサミムシは地上の物陰に隠れている種類が一般的です。

肉食のものはダンゴムシや地上性のチョウやガの幼虫を捕食しています。

おしりにあるハサミが特徴的なため毒があるのでは?と思う方も中にはいますが、ハサミムシは毒を持っていません!

実際に指を挟まれたとしても挟む力が強くないので痛くも無ければ害はありません。

ただ、それでも『ハサミムシに刺された!』『皮膚がかぶれた』という方が中にはいます。

そのような方は恐らくですがハサミムシに見た目の似ている別の虫と誤認している場合がほとんどです!

刺されて痛い別の虫は?

Sponsored Link


皮膚がかぶれたり、やけどのような痛みが伴う場合は恐らく『ハネカクシ』という虫の仲間が原因だと考えられます。

ハサミムシよりもサイズは小さいですが見た目がハサミムシの幼虫のように見えます。

その虫の仲間でも『アオバアリガタハネカクシ』という昆虫は体液にペデリンという毒素を保有しています。

人の家にも灯りに誘われて飛んでくるので多くの場合はこの虫とハサミムシを誤認している可能性が高いです!

アオバアリガタハネカクシの体液は人の皮膚の薄い箇所に付着するとかぶれて皮膚炎を引き起こします。

しかも、体液がついてから発症するまでに少し時間が掛かるので知らず知らずのうちに『ハサミムシに刺されたのではないか』と誤認されていると考察してます。

刺すというよりは体液が付着することでやけどのような痛みを伴うので体に付いていても焦って叩いたりせずにそっと落とすようにしましょう。

またハネカクシは灯りに誘引されて家の中に侵入してくるのでカーテンを閉めるなどの対処を行うと良いでしょう。

まとめ

・ハサミムシに毒はなく、ハサミで指を挟まれたとしても痛くない

・家の中でハサミムシに刺されたというのは別のハネカクシが原因である可能性あり

・アオバアリガタハネカクシはペデリンという毒素を含む体液を保有している

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

関連記事:アオバアリガタハネカクシの天敵は?退治や駆除する方法はある?

Sponsored Link


生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です