ジャガーの強さと性格は?生態と特徴は?木登りや泳ぐのも得意?

様々な動物が暮らすアマゾンで最強と謳われている生き物をご存知でしょうか。

それはジャガーです。

先住民の言葉で「一突きで殺すもの」という意味があるヤガーから名付けられたというジャガー、その強さや性格、生態はどんなものなのでしょう。

木登りや泳ぐことは出来るのでしょうか。

ジャガーの特徴と生態、強さ、性格、木登りや泳ぎについて解説します。

Sponsored Link

ジャガーの特徴・生態

ジャガーは哺乳綱食肉目ネコ科に属し、北アメリカ大陸および南アメリカ大陸に生息している生き物です。

体長120cm~180cm、体重50~100kg超になり、ネコ科の生き物の中ではトラやライオンに次ぐ大きさで、アメリカ大陸に生息するネコ科の中では最大級になります。

黄色い体に特徴的な中に斑点がある黒いリングのような模様があり、パッと見ヒョウとよく似ていますが全体的にヒョウよりも大柄です。

獲物はカピバラやシカなどの哺乳類の他、カメやワニなどを捕食します。

大きな獲物を捕らえると全部は食べずに茂みの中などに隠して翌日に食べるそうです。

数平方キロメートルにもなる非常に大きな縄張りを持ち、排泄物などでアピールすることで他の個体と争いにならないようにします。

基本的には夜行性で繁殖期以外は単独行動を取るそうです。

特に決まった繁殖期は無く、2年に1回に1~4頭の子供を産みます。

妊娠期間は90日~100日前後となっており、子供は2歳ごろまでは母親の元で狩りのしかたを学ぶそうです。

野生下における寿命は12~15年ほどで、飼育下においては20年ほど生きると言われています。

ジャガーの強さ

Sponsored Link

ジャガーの強さはどれくらいなのでしょうか。

ジャガーは狩りの際、獲物に気付かれないようにそっと近づいて行って前足で小動物などを叩いて仕留めると言われています。

また顎の力が非常に強く、ライオンなどのように喉元に噛みついて窒息死させるのではなく、頭蓋骨や甲羅をかみ砕いてしまうそうです。

カメなどが殻に籠ってもジャガーの前では無意味ということになります。

すらりとした体格のチーターのように俊足ではないので、近づかれる前に距離を置くしか逃げる術が無さそうですね。

ジャガーの性格

そんなジャガーですが、他のジャガーとの無意味な争いを避けたり人を警戒して近づかなかったり、意外と慎重な性格をしています。

とは言っても、いざ彼らの縄張りに踏み入ってしまうと襲われることはあるので注意は必要です。

厳しい自然の中で生活している彼らとの棲み分けが大事になってきます。

ジャガーの泳ぎや木登りについて

食物連鎖の頂点に立ち敵らしい敵がいないジャガーですが、泳ぎも木登りも非常に上手になります。

がっしりした体格に見合わず軽々木に登るので樹上に逃げようとしても追いかけてきますし、ネコ科なのに水を苦手としていないので、水の中に生息している動物にとっても非常に脅威になるそうです。

流石アマゾンで最強と言われるだけのことはありますね。

まとめ

・ジャガーはアマゾンで最強と言われる肉食動物

・ジャガーは顎や前足の力が非常に強い種類のネコ科動物である

・ジャガーは大きな体にも関わらず泳ぎや木登りを得意としている

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

ピューマについて合わせて読みたい記事がこちら!

チーターやジャガー・ヒョウの違いについて
ヒョウとジャガーとチーターの違いは?大きさや模様を比較

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です