クマンバチは人を刺す?毒があってスズメバチみたいに危険?

クマバチは見た目がもふもふしており可愛いと思う人もいるでしょう。

しかし、ハチが嫌いな人は大きな羽音を立てて道の真ん中を飛んでいるクマバチが苦手という人もいるのではないでしょうか?

実際クマバチは人を刺すのでしょうか?

スズメバチのような危険な生き物なのでしょうか?

今回はクマバチの生態毒性などについて深堀していきます。

Sponsored Link

クマバチの生態

クマバチは春の終わりごろに出現し、フジの花やニセアカシアの花などに訪れて、蜜と花粉を食べます。

フジの花はクマバチに花粉を運んでもらうために花の構造が進化していると考えられており、フジとクマバチはパートナー関係があるとされているそうです。

よく、道端でクマバチが同じ場所をホバリングして、辺りを見回している様子が観察されますが、これは自身の縄張りに入って来る雌を待っているためでしょう。

私は雌以外の雄や他の昆虫などが縄張りに侵入すると追いかけて、縄張り外に追い出すことも確認しました。

初夏になると雌は産卵のために枯れ木や木造住宅の木などに細長い穴をあけ、そこに花粉で作った団子と卵を1つ産み付けます。

生まれた幼虫は未成熟の亜成虫と呼ばれ、成熟するまで親に花粉などをもらい、世話してもらうそうです。

他のクマバチの仲間には親が子を育てる行動がみられなく、このような行動の昆虫は亜社会性昆虫と呼ばれています。

クマバチは人を刺すのか?

Sponsored Link

クマバチの雄は毒針を持っておらず、危険性もなく無害です。

しかし、クマバチの雌は毒針を持っています!

基本的には人を率先して刺すことはありませんが毒針を持っているというは不用意に近づかない方が良いでしょう。

クマバチは毒を持っていて危険なのか?

クマバチは体が大きく、大きな羽音を立てながら低空飛行をしているため、近づいたら危険なんじゃないかと思われる方が多いと思います。

しかし、クマバチは極めて温厚な性格で人が近づいても攻撃されることはほとんどないです!

危険性はほとんどないので見つけたときはよく観察してみましょう。

よく見てみると辺りを見回しているクマバチがなんだかかわいく見えてくるでしょう。笑

クマバチに刺されたときの対処法

温厚な性格ですが、不用意に触ろうとしたり、巣に近づきすぎてしますともしかしたら刺されてしまうかもしれません。

ですが刺されても重症になることはないので安心してください!

もし、刺されてしまったら、針を抜いて、流水で洗い流し、速やかに皮膚科に行きましょう。

まとめ

・クマバチは縄張りを持ち、低空飛行でホバリングし雌を探している

・クマバチの性格は温厚だが雌は針を持っているので注意が必要

・刺された場合は針を抜いて、流水で洗い流し、皮膚科で受診すべき

関連記事
オオスカシバは人を刺すの?毒があって駆除の対象というのはガセ?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です