ヘルマンリクガメの飼育や飼い方は?販売先と値段はいくら?

リクガメってカワイイですよね!

ただリクガメを飼うとなるとなかなかハードルが高そうな印象を受けます…。

けれどもリクガメにも色々な種類があって飼いやすいリクガメもいます!

最も飼育しやすく初心者向けなリクガメがヘルマンリクガメです。

今回はヘルマンリクガメの飼育方法や販売値段について紹介していきます。

Sponsored Link

ヘルマンリクガメの飼育方法は?

ヘルマンリクガメが生息しているのはヨーロッパでスペインやイタリア、トルコなどに生息しています。

日本の気候に似た場所に分布しているカメなので温度管理にそれほど手間が掛からないことが最も初心者にとって飼いやすい理由かもしれませんね。

気をつけるべき点は湿度が高いところが苦手なので風通しの良い場所で飼育する必要があります。

温度に関しては25~28℃が適温でケージ内の温度は場所によって温度勾配ができるようにしましょう!

飼育に必要なもの

■飼育ケージ
ヘルマンリクガメは成長してアダルトになると甲長で30cmほどにまで大きくなります。

そのため成体の大きさを踏まえると飼育ケージは先を見越して90cm~120cmほどのケージを用意した方が良いです。

前述の通り湿気に弱いので通気性の良い水槽の側面や上が網状になっているものを使用した方が湿気がこもる心配は軽減されます。

■床材
床材はヤシガラを使うと良いです。

■保温球・バスキングライト
温度勾配ができるようにして一番温度が高くなる場所を28℃くらいになるように設置場所を決めましょう。

■水入れ
ヘルマンリクガメは頻繁に水を飲むので水入れは必須と言えるでしょう。
ケージ無いは湿度が上がらないようにしていることから蒸発するのでこまめに水を変えてやる必要があります。

■パネルヒーター
温度管理の補助的な役割として用意しておくと良いでしょう。

餌について

餌は小松菜やチンゲン菜などの葉野菜を中心にカルシウム補給のためサザエの殻や卵の殻を与えるようにしましょう!

爬虫類を飼うとなると餌に虫やピンクマウスなどを扱うことが多いですが、そういった点ではリクガメは初心者にとっても飼いやすい要素が多いですね!

ヘルマンリクガメの販売先と値段は?

Sponsored Link


基本的にはリクガメも扱っているような爬虫類専門店のペットショップに行く必要があります。

それか両生類爬虫類の即売会イベントに参加すると良いでしょう。

東京都内でリクガメの販売取り扱いがあるお店はこちら

リクガメ販売店

ヘルマンリクガメの値段は大体15000~20000円ほどで購入することができます!

爬虫類の販売は対面説明が義務付けられているので基本的には直接お店やイベントで購入することに
なります。
値段はその場によって大きく変わると思いますが1匹20000円前後で購入することは可能だと思います。

また、カメを飼育するために必要なものを買い揃えるとなると生体よりも高くつきます。

ケージを含めすべて揃えるとなると飼育セットで50000円くらいはかかると考えておいた方が良いでしょう。

カメは飼いやすいですが、他の種類に比べて初期費用が掛かりのが特徴ですね。

まとめ

・ヘルマンリクガメは最も初心者が飼いやすいリクガメ!
・ヘルマンリクガメを飼う際に最も注意する点は湿度
・ヘルマンリクガメの値段は生体1匹で約20000円前後

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!
関連記事:爬虫類のペットでおすすめは?【初心者必見】飼いやすい種類はこれ

Sponsored Link


記事が参考になったという方は
FBTwitterでシェアしてみてはいかが?

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です