トカゲとヤモリと違いはまぶた?見分け方と比較画像あり

家にトカゲが出た!なんてことはありませんか?

実は家に出て壁を這っているのは十中八九はトカゲではなく『ヤモリ』です。

中々区別が難しいですがよく見ると顔つきが違ったりいる場所が違います。

今回はトカゲヤモリ違いについて紹介していきます。

Sponsored Link

ヤモリとトカゲの違いは?

tokage
先ほども言いましたが家に出るようなトカゲのような生き物は『ヤモリ』がほとんどです。

また、『トカゲ』は壁を這うことができないので壁や天井をチョロチョロ!と走っていた場合は『ヤモリ』になりますね。

ヤモリの仲間のほとんどの種類は『まぶた』がないのが特徴です。

トカゲとヤモリの区別で一番見分けやすいのが『まぶた』があるかないかなので、まじまじと観察できる場合は目を見ると良いですね!

しかし、中には例外もあってヒョウモントカゲモドキはヤモリの仲間ですが『まぶた』があります…。

トカゲモドキは壁を這うこともできないので、名前の通り特徴的にはトカゲに違い生き物ですね!

ヤモリは家の中に出る小バエやゴキブリの子供なども食べてくれるので昔から大事にされています。

トカゲは反対にまぶたがあります。

よくコンクリートや石の上で日向ぼっこしているので本州の野外で見かけるのはニホントカゲかニホンカナヘビのどちらかになります。

ヤモリとトカゲの見た目の違いを画像で比較!

Sponsored Link

ヤモリとトカゲの大きな違いは『目』と『足』です。
aw
目はまぶたがあるかどうかですが、ヤモリはトカゲと比較するとだいぶ目が出っ張っていることがわかります。

また、まぶたを閉じれないので乾燥すると目を舌で舐めるのも特徴的ですね。

トカゲはまぶたを閉じることができるので、優しいそうなつぶらな目をしています!笑

ashi
次に足の違いですが、ヤモリは壁を這うことができるので足の指の面積が広く『ペタペタ』しています。

トカゲには爪があり、早く走るためか地面をつかめるような構造になっています。

中々両種をまじまじと観察することは少ないですが、比べてみると異なる個所が多いのでぜひ観察してみてください!

まとめ

・家の中の壁や天井を這っているのは『ヤモリ』

・トカゲはコンクリートや石の上でよく日向ぼっこをしている

・トカゲとヤモリの大きな違いは『まぶた』と『足の形』

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

関連記事:ニホントカゲに毒はある?捕まえるときに噛まれても大丈夫?

Sponsored Link


生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です