しっぽが青いトカゲは?ニホントカゲの幼体以外にも種類がある?

暖かい時期になるとよく見かけるのが『尻尾の青いトカゲ』ですね!

かなり綺麗なトカゲで、すばしっこいので目につきます。

東京都内でも見られるので見かけたことのある人は多いのではないかと思います。

今回は日本に生息するトカゲ尻尾の青いトカゲについて深掘りしていきます。

Sponsored Link

しっぽが青いトカゲはニホントカゲ?

493794
身近で見ることができるのはニホントカゲとニホンカナヘビですが、『しっぽが青いトカゲ』はニホントカゲの幼体です。

ニホントカゲは子供の頃の体色は黒い体に5本の縦縞が入っています。

そして、しっぽが綺麗なコバルトブルーなのが特徴ですね。

本州で見かけるのはほとんどの場合『ニホントカゲ』ですが、実は尾の青いトカゲはニホントカゲ以外にも複数種類います。

関連記事:ニホントカゲに毒はある?捕まえるときに噛まれても大丈夫?

他のしっぽが青いトカゲの種類は?

Sponsored Link

尾が青いのはニホントカゲ以外にも伊豆半島や伊豆諸島に分布するオカダトカゲがいます。

他にも沖縄や離島にはオキナワトカゲやイシガキトカゲ、キシノウエトカゲなどのトカゲも幼体の時はニホントカゲと同様に尾が青いです。

また、奄美大島や沖縄に生息しているバーバートカゲは成体になっても尾が青いままなのが特徴ですね!

これらのトカゲを区別することは難しいですが、生息地が異なるので種類を判別することができます。

しっぽが青い理由は?

493811
トカゲの幼体の尻尾が青い理由は『切り離すことのできる尻尾を捕食者から狙わやすくしている』と考えられます。

特に鳥は4原色(赤・緑・青・透明(紫外線))を見分けることができるため、獲物を狙う際には青い方が目につきやすいです。

そのため、切り離して逃げることのできる尻尾を目立たせることで胴体を狙われないようにしているのではないかと思います。

明確にはわかっていませんが、尻尾が青いのにはそのような意味があると考察しています。

尻尾切りの動画がこちら

まとめ

・しっぽが青いトカゲの種類は本州の場合は『ニホントカゲの幼体』である可能性が高い

・ニホントカゲ以外にも尻尾が青いトカゲの種類が複数いる

・尻尾が青い理由は捕食者から狙われた際に逃げやすくするため

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

関連記事:トカゲとカナヘビの違いは?ニホントカゲの見分け方や種類は?

Sponsored Link


生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です