アゲハチョウとキアゲハの違いは?幼虫は模様が全然違うぞ!

春になると様々なチョウが飛んでいます。その中でもアゲハチョウはみんなが知っているチョウの一種です。

しかし、よく観察してみるとアゲハチョウのように見えますが、見た目が少し異なるキアゲハがという種類もがいることがあります。

成虫は姿が似ていますがアゲハチョウとキアゲハの幼虫は全然違う模様をしているのも特徴ですね。

今回はアゲハチョウとキアゲハの違いと特徴、幼虫の食性などについて深堀していきます。

Sponsored Link

アゲハチョウとキアゲハの違い

アゲハチョウとキアゲハの違いはいくつかあるのですが、1つはキアゲハの方が名前の通り、若干黄色みが強い模様をしています。

しかし、個体差があるので色で判別するのは難しいかもしれません…

成虫で両者の一番違う場所は何といっても模様です!

前肢の付け根の模様が、綺麗な縞模様になっているものがアゲハチョウで、はっきりしない方がキアゲハですので、アゲハチョウかキアゲハかチョウがいたら観察するのもいいかもしれません。

また、幼虫は両者の違いが一目瞭然で、アゲハチョウの終齢幼虫は目玉模様を持っており、全体的に緑色をしています。

一方、キアゲハは緑と黒の縞模様で、黒い帯にオレンジ色の斑点があるのが特徴です。

アゲハチョウの特徴

アゲハチョウの分布は北海道から南西諸島まで全国に分布しており、台湾や中国などのアジアにも分布をしています。

地域にもよりますが3~10月くらいまで成虫がみられ、草原や畑、伐採地などの日当たりのいい場所を飛んでいます。

住宅街でも自然が多いところでは普通に見ることができる種になっています。

キアゲハの特徴

キアゲハの分布をアゲハチョウよりも広くアジアは勿論、ヨーロッパや北米にも分布しています!

4~10月まで成虫は見られ、海岸から高山まで日本でもかなり広い生息域をしています。

キアゲハのオスは臭いを発しており、独特な香りがするそうです!

私は臭いを嗅いだことがないので、是非、嗅いでみたいです。笑

Sponsored Link

アゲハチョウとキアゲハの幼虫の食性

アゲハチョウの幼虫はキンカンやミカンなどのミカン科の植物を餌にしています。

ミカンなどを外で育てている家庭などではアゲハチョウの幼虫が庭やベランダに卵を産むのを見ることができるかもしれませんね^^

キアゲハの幼虫はニンジンやセリなどのセリ科の植物を餌にしています。

幼虫を飼育したいと考えている場合はあげる植物に注意しましょう!

まとめ

・アゲハチョウとキアゲハは翅の付け根の模様を見て判別できる

・キアゲハは世界に広く分布しており、オスは独特な臭いがするらしい

・アゲハチョウの幼虫はミカン科、キアゲハの幼虫はセリ科の植物を餌にしている

関連記事
アゲハチョウの幼虫の育て方は?期間はどれくらいで葉っぱは何をあげるべき?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です