アゲハチョウの幼虫の育て方は?期間はどれくらいで葉っぱは何をあげるべき?

アゲハチョウ幼虫は緑の色と黄色い二本の角を持っており、一時期、幼虫が好きな女子から可愛いと人気になっていました。

飼育してみたいけど、どんな葉っぱを餌として食べているの?と疑問に思う方もいるでしょう。

私も最初はどのように飼育していいかわかりませんでした。しかし、頑張ってアゲハチョウの幼虫を飼育して蛹が羽化している場面に出くわした時はとても感動しました!

今回はアゲハチョウの幼虫の育て方と寿命、食性などについて深堀していきます。

Sponsored Link

アゲハチョウの幼虫の育て方

アゲハチョウの飼育は基本的なことをおさえておけば容易であると言えます。

アゲハチョウの幼虫の餌はミカンやキンカンなどのミカン科の植物の葉っぱです。

他にも飼育時にレモンの葉などを与えている方もいるみたいですね^^。

モンシロチョウなどと違ってキャベツなどの葉は食べないので注意してください!

幼虫の飼育はプラケースに柑橘系の葉を入れ、葉っぱを切らさないようにして飼育します。

幼虫が大きくなるとミカンの葉っぱが大量に必要になるので注意してください!

幼虫の飼育に必要なもの

■プラケース
ミカンの葉を枝ごと入れるので、それが入るくらいの飼育ケースが必要です。

■ミカン科の葉っぱ
ミカンの枝ごと与え、葉っぱが少なくなったら交換します。

■ティッシュ、輪ゴム、ラップ
ミカンの葉が萎れてしまわぬよう、水に濡らしたティッシュを枝に巻き、ラップをかぶせて輪ゴムで止めましょう。

アゲハチョウの幼虫が成虫になるまでの期間

Sponsored Link

アゲハチョウは卵から成虫になるまで全体で1~2か月ほどかかります。

鳥の糞のような色の1~3齢幼虫は3週間程度、緑色の4、5齢幼虫も3週間くらいの期間を要します。

5齢幼虫でミカンの葉をあげて続け、ミカンの葉を全く食べなくなったら蛹になる準備に入るのでそっと見守りましょう。

蛹になると2週間ほどで羽化して綺麗な成虫になります!

まとめ

・アゲハチョウの幼虫はミカンの葉を切らさないように与え続けることが大切

・飼育にはミカンの枝が入るくらいのプラケースに、枯れないようにミカンの葉を入れる

・アゲハチョウ寿命は1~2か月ほどで、幼虫の成長速度は1~3齢幼虫、4、5齢幼虫はそれぞれ3週間程度の期間かかる

関連記事
アゲハチョウとキアゲハの違いは?幼虫は模様が全然違うぞ!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です