ハリガネムシは人間に寄生するの?カマキリの寄生虫を拷問に利用?

カマキリのお腹の中にいる針金のような寄生虫がいるのは非常に有名な話ですよね…。

不気味な生き物で都市伝説では人間にも寄生するという話がありますが実際のところどうなのでしょうか。

今回はカマキリ寄生しているハリガネムシについて掘り下げていきます!

Sponsored Link

ハリガネムシの生態!どうやって寄生する?

harigane
ハリガネムシは類線形動物といって寄生虫の仲間です!

主にハラビロカマキリに寄生することが多いですが、バッタやカマドウマ、コオロギなどにも寄生します。

寄生虫というイメージが強いですが、実はハリガネムシは水生生物なんです!

ハリガネムシは以下のような面白い生活環を繰り返しています。

 

1.水の中でオスとメスが出会って産卵

2.1~2ヶ月で卵から幼生が孵化して川底でうごめく

3.ろ過食の水生昆虫に取り込まれる

4.取り込まれてからは水生昆虫のお腹で休眠状態に入る

5.水生昆虫が羽化して陸に飛び、カマキリなどの陸上生物に捕食される

6.そのままカマキリなどの陸上動物を宿主にして寄生する

7.宿主の脳に物質を注入して水の中に飛び込ませる

8.宿主の尻から出ていく

9.水中で自由生活をする

10.1に戻る

 

という生活循環を繰り返しています!

見た目だけだとただの気持ち悪い生き物ですが、こういった変わった生態を見ると面白いですね。

自分の人生?を他の生物にゆだねて最終的に宿主にたどり着いて今も存続し続けているのがすごいです!

ただ、宿主の脳に物質を注入して水に飛び込ませるという能力は恐ろしい…。

また、都市伝説やマンガなどでハリガネムシが人間に寄生するというような話があります。

想像すると恐ろしいですが実際のところはどうなのでしょうか…。

人間にも寄生する?寄生事例がある?

Sponsored Link

ヒトへの寄生例もあるにはあるらしいですが、どれも偶然何らかのきっかけで起きた例なのでハリガネムシがわざわざ人間に寄生するということはありません

基本的には寄生した生物から出る前に魚やカエルなどの捕食者に宿主が食べられてしまうことがありますが、そのような場合は捕食者の腹の中で死んでしまうそうです。

あとはハリガネムシは狭いところに入り込む性質を持っていて人間の爪の間から体内に入り込むという話があります。

さらにはあるマンガでは昔は拷問に使われていたなどという話があったので怖い生き物なんだな~と思っていました…。

しかし、そんなことはないようで一度宿主から出てから、また寄生生活をを戻ることはないようです!

私はそのマンガを子供のころに読んだので非常に怖かったことを覚えています…。

実際にはそんなことはないようなので安心です!

また、このハリガネムシが宿主に寄生できる確率は9割と非常に高確率なのでカマキリを見つけたらお腹を水につけてハリガネムシがいるかどうか試してみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

・ハリガネムシはカマキリやカマドウマ、コオロギなどに寄生する

・元々は水生昆虫で一度陸上生物に寄生するという変わった生活環を送っている

・ハリガネムシは人間には寄生しないが偶発的に寄生していた例は過去にはある

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です