カイコガ(蚕)の幼虫の飼育方法は?販売値段と寿命はどれくらい?

カイコガはガ幼虫の中でも見た目が可愛いらしく、女子にも人気で飼育もしやすいことから注目を集めています。

私自身、カイコガは可愛くて飼ってみたい幼虫の一つです。

さらに、カイコガの繭からは糸が取れるため、商業的にも非常に重要な昆虫とされています。

もしカイコガを個人で飼育しようと思った場合、どのくらい生きて、飼育設備はどのような物を準備をする必要があるのでしょうか?

今回はカイコガの幼虫飼育方法販売値段寿命について深堀していきます。

Sponsored Link

カイコガの生態

カイコガは人間によって5000年前の中国で、クワゴというガを家畜化することにより生まれました。そのため、野生にはカイコガは存在しません!

野生に帰ることができなくなった唯一の動物と知られ、成虫飛翔筋がないため、飛ぶ能力がないことは勿論、幼虫も白い色彩をしていることで捕食者に狙われやすく、木や葉につかまる能力も失っています。

しかし逆に、警戒心がないことから、人が近づいたり、触ったりしても逃げることはないのでとても愛着がわく昆虫です。

幼虫は桑の葉をたくさん食べますが、カイコの成虫は口が完全に退化しており、幼虫の間に蓄えた養分で生活します。

カイコガから取れる糸(シルク)は糸としてだけではなく、化粧品などでシルクパウダーとして使われている。

また、マウスにシルクを与える実験では血中アルコールやコレステロールなどの低下がみられたそうです!

カイコガの幼虫の飼育方法

Sponsored Link

カイコガの飼育は簡単で適当な飼育ケースに桑の葉を大量に入れ、毎日新しいものと交換するだけで飼育可能です!

飼育温度は23度~25度を維持するようにします。

また、飼育セットがカイコガを販売しているサイトに売っているのでそちらを購入するのもいいでしょう。

カイコガの販売値段は?

カイコガの販売価格は1匹60円~100円程度です。

カイコガの飼育セットが様々なサイトで売っていますが相場としては2500円ほどで数十頭飼育できるセットも売っているみたいですね。

また、ペットショップで爬虫類の餌としても販売されているので入手は比較的簡単だと思いますよ^^!

カイコガの寿命はどれくらい?

成虫の寿命は約10日と短く、カイコガは卵から孵化して1~2か月ほどで寿命を終えることになります。

長期間飼育は楽しめないかもしれませんが、飼育自体は簡単なので鱗翅目(チョウ・ガ)の幼虫を成虫にさせてみたい人にオススメですね!

まとめ

・カイコガの飼育は容器と桑の葉があれば可能

・カイコガの販売価格は1匹約60円~100円程度、また、飼育セットも容易に購入可能

・成虫の寿命は約10日で、卵から成虫まで一生を通して1~2週間

関連記事
ヤママユガの大きさはどれくらい?幼虫は毒を持っているの?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link


生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です