シロアリがいるかどうかを確認するときの5つのポイント

シロアリが自分の家や建物にいるかどうかは、素人であっても自分で確認することができます。

シロアリの生態や特徴から、家屋に侵入するまたはしている場合は必ず痕跡が残されているのです。

また、シロアリの被害が進んでいる場合は家での生活に変化が出ている場合も…

それでは、その痕跡のある場所や確認するポイントについても見ていきましょう。

Sponsored Link

シロアリがいるかどうかを確認するときの5つのポイント

シロアリがいるか確認するポイントは主に5つあります。

・蟻道が建物の基礎や土台に作られているか
・蟻土が木材にくっついているか
・建物の柱や床、木材に空洞音がするか
・建物に異常が出始めているところがあるか
・シロアリの糞が落ちているかどうか

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

『蟻道(ぎどう)』が建物の基礎や土台に作られているか

シロアリは乾燥に弱いため、移動する際には”蟻道(ぎどう)”という通り道を土や排泄物・餌の食べかすなどを使って作ります。

シロアリは家屋や建物に入ってくる際は、地中から蟻道を作って侵入してくることがほとんどです。

自分の家にシロアリがいるかどうかを確認する場合、の床下にある基礎部分や束石などに写真の土で作った筋のようなものがあるかどうかを確認してみましょう。

『蟻土(ぎど)』が木材のくっついているか

シロアリは乾燥に弱いため、風や光が嫌いです。

そのため、自分たちが過ごす環境である木材に割れ目や継ぎ目があると、湿度を保つために排泄物や土を詰め込んだり、モルことで”蟻土(ぎど)”を作ります。

木材同士のつなぎ目であったり、壁の隙間などから土のような塊が出ている場合はその中にシロアリが活動している可能性が非常に高いです。

建物の柱や床、木材に空洞音がするかどうか

シロアリは枯れた植物や柔らかい木材を好んで食べますが、雑食性なので木材の他にも様々なものを加害します。

プラスチックやゴム、繊維、コンクリート、金属にまで加害してしまうのです。

 

特に発泡スチロールや発泡ウレタンなんかは好んで加害されてしまいます。

そのため断熱材は暖かくて風も通さないため、シロアリにとっては非常に良い環境となるので要注意です。

 

シロアリによって加害されたものは空洞化するため、柱や壁、床など叩いた時に空洞音がする場合はシロアリに侵入されている可能性があります。

建物に異常が出始めているところがあるか

シロアリの被害・食害活動が進んでしまうと、建物で普通に生活しているときに異常が出始めます。

・柱が下がってくる
・床や壁を叩くと軽い音がする
・床が柔らかく沈む
・雨戸や扉、窓のたてつけが悪くなる
・建物が傾いて壁にひびが入る

などなど、実生活の中で変化を感じるような点を再確認することが重要です。

このような異常を感じ始めた場合は、かなり被害が進行している可能性が高いので床下などシロアリが侵入しそうなところに蟻道や蟻土があるかも確認するようにしましょう。

シロアリの糞が落ちているかどうか

乾材シロアリの場合、乾材から砂粒状の糞を排出します。

粒状の木くずみたいなものが家の中に落ちはじめていたら乾材シロアリの被害が出ているサインなので要注意です。

 

シロアリの被害を放置してしまうとどうなるか

シロアリの被害は中々気づかないため、放置されてしまいがちです。

しかし、誰にでも

地震時に家が倒壊・全壊する確率が上がる

シロアリが侵入しやすい床下や基礎の部分が加害されてしまっていると、地震が起きたときに大事な家が倒壊・または全壊してしまうことに繋がります。

阪神淡路大震災では、シロアリの被害がなかった家屋の全壊率は23%であったのに対し、シロアリの被害や腐朽が進んでいた家屋は93%とほとんどが全壊してしまっているのです。

特に地震が多い日本では、シロアリの被害を見逃していたことをキッカケに、地震によって家屋が倒壊してしまう可能性は少なくありません。

全壊や倒壊となれば被害が及ぶのは建物だけでなく家具・家電までもが壊れてしまうことで、さらに被害額が膨大になります。

 

また、加害・腐朽が進んでしまっていると、地震など起きていない状態でも建物の屋根が落ちるということもあったようです。

家屋の修繕や駆除に大きな費用が掛かる

シロアリの駆除を被害を放っておくと、上記のように倒壊してしまう恐れもあります。

また、倒壊とまで行かなくても、シロアリの被害に対策するときに放置している期間が長いと、対策を取るときに修繕費や駆除の費用が大きくなってしまいます。

仮に被害が進んでしまっていては駆除が完了したとしても、その後に家の一部にリフォームが必要になるなど、とんでもない金額が必要になることも珍しくありません。

 

あなたの家もシロアリに侵食されているかもしれません

シロアリは発生してからでは、家屋倒壊のリスクがある上に、駆除についても費用がかさんでしまいます。

本来であれば発生してしまう前に薬剤を使って予防したり、定期点検を行うことが最善のシロアリ対策です。

では、駆除や予防をする場合いくらくらい費用がかかるのか?

基本的にはどこに依頼をするにしても、シロアリの駆除を依頼する場合、費用は平米単価で決まります。

自宅の平米数がわかれば、駆除業者が提示している平米単価から大凡の費用は算出することが可能です。

 

ただ、具体的にいくらくらい掛かるのかは無料見積もりを取るのが一番です。

シロアリ駆除の見積もりはこちらから出してもらうことができます。

事前調査も見積もりを無料で行ってくれるので、シロアリの被害が進んでいる懸念がある場合はまず相談するようにしましょう。

 

 

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です