シロアリを食べる動物まとめ!天敵や捕食者になる生き物についても

時に私たちの暮らしを脅かすこともある厄介者・シロアリ。

一度居ついてしまうと完全に駆除するのも一苦労です。

そんな困った存在のシロアリにも天敵が存在します。

シロアリの天敵とはどんな生き物なのか、今回はシロアリを食べる動物・天敵となる生き物について詳しく解説します。

Sponsored Link

シロアリを食べる動物・天敵となる生き物

自然界においてシロアリは枯れた木材や葉を食べ土壌を豊かにしてくれる森の分解者として無くてはならない存在ですが、私たち人間にとってシロアリは害獣としてのイメージが強いですよね。

そんなシロアリにも天敵は存在します。

シロアリは普段集団で行動しますが、それは裏を返せば単独では非常に弱く天敵に襲われたら成す術はありません。

またシロアリは実は良質なタンパク質源となり、非常に栄養価が高い存在でもあります。

人間からしたら追い返すのも厄介ですが、野生動物にとってはありがたい生き物なんですね。

具体的にシロアリを食べる生き物は、クロアリ・モグラ・カエル・クモなどなど。

他にもツバメやツチブタなど、シロアリの天敵はたくさん存在するのです。

それでは、いくつかのシロアリの天敵を詳しく解説しましょう。

クロアリ

シロアリの一番の天敵と言っていいのがクロアリになります。

名前がよく似て見た目も同じような両者ですが、シロアリはゴキブリの仲間なのに対しクロアリはハチに近い動物です。

はっきり言ってシロアリは弱く、肉食性のクロアリに集団で襲い掛かられたらひとたまりもありません。

たとえクロアリよりも体格が大きくても助かる可能性はほとんどないといわれています。

一方で、一つの木にシロアリとクロアリの巣が両方あるという状況もあるそうです。

一説によると強いクロアリに巣を守ってもらう代わりに、自分たちが餌になっているのではないかといわれています。

天敵であり、シビアなビジネスパートナーのようでもある独特な雰囲気が垣間見える不思議な関係性ですね。

Sponsored Link

モグラ

モグラはほとんどの時間を土の中で過ごします。

最近ではアメリカカンザイシロアリなど乾材シロアリも増えていますが、日本において多くの被害を出しているのは土壌性のシロアリです。

モグラは雑食性で昆虫などを好んで食べる生き物で、シロアリも捕食されてしまいます。

モグラは半日何も食べずにいると餓死してしまうほど大食漢なので、シロアリもあっと言う間に食べてしまいそうですね。

カエル

ミステリアスな雰囲気に何とも言えない可愛らしさを持ち合わせるカエルに魅力を感じ、ペットとして飼育している人が増えていることをご存知でしょうか。

実はそのカエルの餌としてシロアリが生きたまま販売されています。

シロアリはカエルにとって食べやすい大きさで、なおかつ栄養が豊富であるためカエルを飼育している人にとっては重宝されているようです。

餌用のシロアリで検索してみたらシロアリ約50匹入りで700円というのが出てきました。

シロアリには災難かもしれませんが、愛するペットに新鮮な餌を食べさせたい気持ちはよく分かります。

カエルがシロアリを捕食している動画もあったので、良かったら見てみてくださいね。

クモ

クモは害虫を食べてくれる益虫であるという認識の方も多いのではないでしょうか。

その中でも有名なのがハエトリグモとアシダカグモです。

ハエトリグモは日本でも数多くの種類が生息しており、獲物を見つけると跳躍して襲い掛かります。

アシダカグモは見た目こそちょっと不気味ですが、なんとゴキブリや小さなネズミまで補色対象なんです。

こういった優秀なハンターにかかってしまえばシロアリもお手上げですね。

だからこそ、巨大なコロニーを作り次世代へ命を繋いでいるのだと思います。

まとめ

・集団行動を取るシロアリは単体では弱く、天敵は数多く存在する

・クロアリは一番の天敵だが、時に協力関係にもなるという説もある

・土の中で生活するモグラにも食べられる

・ペットのカエルの餌にもなっている

・益虫として知られるクモにもよく捕食される

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です