トンボの目の数はいくつ?指をグルグルすると目を回すって本当?

トンボというと目の数が多くてとても特徴的ですよね!

また、小さい頃にトンボを捕まえるとき『トンボの目の前で指をグルグル回すと捕まえやすいよ』なんてことをよく言われました。

実際のところどうなのでしょうか?

今回はトンボと昔から言われる捕まえ方でトンボは目を回すのかについて深掘りしていきます!

Sponsored Link

トンボの目(複眼)はいくつあるの?

728770
昆虫の中でもトンボの目は特に大きくて特徴的ですよね。

個人的には仮面ライダーのようにも見えます 笑

あのトンボの大きな目は『複眼』と言って個眼という一つ一つ目が密集して出来ています。

トンボの複眼は約2万個もあり、視野は270度もあります!

人間は正面を見ている状態で120度ほどなのでトンボはかなり後ろまで見えていることになりますね…。

一つ一つの目の形は場所によって大きさが異なり、隙間なく並んでいるそうです…。

私達人間と比べると全く世界の見え方が違うのでしょうね。

いつ見ても不思議です!

ただ、あの目の前でグルグル指を回されたら相当うざったい気がします…

関連記事:トンボの交尾は強引で飛びながら?交尾時のハート型画像あり

トンボを捕まえるグルグル捕獲法の効果はある?

Sponsored Link

小さい頃に大人がトンボを捕まえるときは『目の前で指をグルグル回すと良い』というなんとも言えないアドバイスを貰ったことを覚えています。

そう言われる理由は『目が多いため回している指に注意がいくから』というものですが、実際のところ効果はないと言われています…。

また、目を回すこともないようです。

このような迷信?が広まったのはトンボの中にも警戒心の薄い種類がいるからです。

アキアカネなどのアカトンボの仲間に関しては人への警戒心が薄いため、目の前で指を回すとつられて頭を回すことがあるそうです!

多くの人がそれを『目を回している!』と勘違いしたと考えられます。

ただ一つ言えることはちゃんとトンボは指を回しているのを見ているということですね!

実際のところ他の大きめなトンボなんかは少し近づいただけで逃げてしまいますからね…。

トンボを捕まえる際は当たり前ですが、網を使うのが一番効果的とのことです!笑

まとめ

・トンボの目は複眼と言い、個眼という目が2万個も集まってできている

・トンボの目の前で指をグルグルする捕獲法に効果はない

・迷信が広まった理由はアキアカネなどの警戒心の薄いトンボが指を見て頭を回すことがあるからと考察

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

関連記事:トンボの餌や食べ物は?成虫は虫をあげれば飼育できる?

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です