トノサマガエルの名前の由来は?威嚇姿勢を取るのが理由?

日本でカエルと言われれば、トノサマガエルを思い起こす方がやはり一番多いのではないでしょうか。

九州、四国、本州の中部以西と東北地方に生息するカエルで、最近は北海道でも人間の持ち込んだ個体が野生化しつつあります。

日本人にとってお馴染みのトノサマガエル。とても身近な生き物ですが、どうして「殿様」なんて立派な名前がついているのでしょうか。

今回はそんなトノサマガエルの特徴や名前の由来、威嚇姿勢についてご紹介します。

Sponsored Link

トノサマガエルとは

トノサマガエルは、両生類カエル目アカガエル科の生き物です。

とても有名なカエルですが、日本の固有種というわけではなく、中国、朝鮮半島、ロシアの一部などユーラシア大陸東部に幅広く分布しています。

大きさは雄が4cmから8cm、雌は6cmから9cmほど。

日本で見られるカエルの中では大きい方です。

主な食べ物は昆虫類ですが、食欲旺盛で口に入るサイズなら他種のカエルでも小さなヘビでもパクリと食べてしまいます。

カエルだけあって跳躍力に長け、自分の体の数倍の距離を一度のジャンプで移動します。素手で捕まえるのはかなり大変です。

4月から6月にかけて水辺に集まり、水中に卵を生みつけます。透明な寒天のようなものに覆われた卵は一週間ほどで孵化し、オタマジャクシとして水中生活を始めます。

陸に上がるまでは水の中の落ち葉や藻などを食べて育ち、その年の秋になる頃には立派なカエルに成長します。

寒さには弱く、冬は土の中で冬眠して過ごします。春になれば再び動き出し、野生では三年から五年ほど生きると考えられています。

トノサマガエルが日本人にとって身近な生き物となったのは、彼らが水田に好んで住み着いていたからでした。

水田はトノサマガエルにとって理想的な環境であり、農家にとっても田畑を荒らす害虫を食べてくれる益獣だったのです。

しかし水田の減少や農薬の使用により、トノサマガエルはここ百年ほどの間に一気に個体数が減少。今では準絶滅危惧種として絶滅が危ぶまれています。

トノサマガエルの名前の由来

Sponsored Link

より大きなヒキガエルと比べると半分くらいしかありませんが、それでもトノサマガエルは日本のカエルの中では大型の種です。

その立派な体格からトノサマガエルと名付けられたとも言われていますが、それ以外にもこんな説があります。

驚いたり天敵に襲われたりした際、トノサマガエルはおなかに空気を溜めて体を膨らませます。

自分を大きく見せて敵を追い払う作戦です。

この時の姿が、偉そうに踏ん反り返っているように見えるため、“殿様”ガエルという名で呼ばれるようになった…という次第。

どちらの説が正しいのかは分かりませんが、日本人が昔からこの身近な生き物をよく観察していたことは間違いありません。

トノサマガエルの威嚇姿勢について

前述の通り、空気を溜めて体を膨らませる技は、トノサマガエルの奥の手です。

とはいえ、天敵のヘビなどに対してはあまり役に立ちません。自然界では弱い立場なのです。

しかし同じトノサマガエル同士なら話は別。繁殖のため、縄張りを守るため、時に雄たちは激しく争います。

繁殖期のトノサマガエルは、両頬にある鳴嚢という器官に空気を溜めて大声で「グググ」と鳴きます。

これは雌へのアピールであると同時に、他の雄へ自分の縄張りに入るなと主張する行為でもあるのです。

それでも出て行かない雄には実力行使。この意外な荒っぽさも、名前の由来なのかもしれません。

まとめ

・トノサマガエルは、日本各地に生息するカエル

・天敵を追い払うため体を膨らませることがあり、この姿が名前の由来という説がある

・かつて水田で益獣として大事にされていたが、現在は準絶滅危惧種となっている

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

カエルについても合わせて読みたい記事がこちら!

日本に生息するカエルついて
日本のカエルの種類は?写真や画像付きで名前や生態を紹介!

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です