日本のカエルの種類は?写真や画像付きで名前や生態を紹介!

カエルを見かけてもそのカエルが何のカエルなのかというのは以外と多くの方は知らないです。

“カエル”とひとくくりにして呼んでいますが、世界的に見れば約6500種ものカエルが存在します!

日本にも亜種を含む43種類ものカエルが分布しています。

私は小さい頃からカエルが好きで日本のカエルや生き物を観たいがために色々なところに行っていました。笑

今回は日本カエル種類について自分で撮影した写真画像を交えながら紹介していきます。

※種類数が多いので複数ページに分けています

Sponsored Link

日本のカエルの種類

日本に生息するカエルは冒頭でも言いましたが43種類もおり、その半分が日本でしか見ることのできない固有種です!

意外にも周りにいるカエルを見れたのは貴重な体験だったりするんですよね…。

本州、四国、九州、北海道などの周辺地域と南西諸島などで生息しているカエルが全く違います。

特に南西諸島は島によって生息するカエルが全く違うので観察するのが楽しいですね!

ヒキガエル科

ニホンヒキガエル

hikigaeru
体の色は褐色や黄褐色、赤褐色で成長すると比較的大型になるカエルです。

見た目がほぼ一緒の種類で『アズマヒキガエル』という種類も存在します。

両種の見分け方は『鼓膜の大きさ』と『眼と鼓膜間の距離』で判別することが可能です。

関連記事:ヒキガエルの飼育や飼い方は?販売値段と寿命はどれくらい?

ナガレヒキガエル

ナガレヒキガエルは私自身また観察したことのないカエルです。

名前の通り山地にある渓流の周辺で流れのある水辺に生息しており、水かきが発達しています。

ミヤコヒキガエル

伊良部島と宮古島のみに生息するヒキガエルで近年では沖縄北部、大東島に移入が確認されている種類です。

日本に分布するヒキガエルでは最小種で体長は6-12cm程度。

正式な種類としては『アジアヒキガエル』という名前でミヤコヒキガエルはその亜種になります。

オオヒキガエル(外来種)

oohiki
元々はアメリカのテキサス州やブラジル北部などアメリカ大陸に生息しているカエルです。

日本には外来種として移入しており、駆除の対象となっています。

非常に毒性の強いアルカロイドを持っていて世界的にも多くの大型生物が被害を受けているそうです…。

アマガエル科

ニホンアマガエル

ama
日本でも一番馴染みのあるカエルですね!

日本以外にも朝鮮半島、中国にも生息している小型のカエルです。

水辺に住むイメージえすが、樹上生活に適したカエルで水辺付近の森林でも探せばよく見つかります。

関連記事:ニホンアマガエルの飼育や飼い方は?寿命が長くて可愛いやつ?

ハロウェルアマガエル

奄美大島や沖縄本島北部、西表島の一部でしか見ることができない種類です。

ニホンアマガエルに似ているのですが、後ろの足が長く水かきがよく発達しています!

まだ、私自身観察したことのない種類なのでぜひ見に行きたい種類の一つです!

ヒメアマガエル科

ヒメアマガエル

himeama
日本固有種で奄美諸島と沖縄諸島に分布する日本最小のカエルです!

サイズは2~3cmで島などに観光に行って夜に林道を歩くとよく見かけます。

アカガエル科

ニホンアカガエル

nihonaka
日本でしか見ることができない種類で主に本州から九州にかけて分布しています。

特徴的なのは他のカエルよりも産卵するのが早く1月には卵を水田などに産みます。

ヤマアカガエルと非常に似ている種類ですが、主にニホンアカガエルは平地に生息しています。

ヤマアカガエルは名前の通り山間部に生息しているのが特徴です。

見分け方については背中の背側線が真っ直ぐであればニホンアカガエルです!

ヤマアカガエル

yamaaka
ニホンアカガエルと同様で日本でしか見ることができず、本州、四国、九州に生息しています。

山間部に生息しており、背側線が折れ曲がっているのが特徴です。

ツシマアカガエル

対馬にのみ生息する小さなアカガエルです。

私自身は対馬に行ったことがないので観察したことはありませんが、生息域が被っているチョウセンヤマアカガエルに似ています。

リュウキュウアカガエル

沖縄とはじめとする南西諸島にはよく行くので観察はしたことがあるのですが、写真は見つかりませんでした…。

南西諸島に生息する小さなアカガエルで鳥のさえずりのような声で小さく鳴くのが特徴的なカエルです!

Sponsored Link

エゾアカガエル

北海道に生息するのはニホンアマガエルとこのエゾアカガエルしかいません。

繁殖期の4~5月には『キャラララ、キャラララ』という特徴的な鳴き声で鳴きます。

北海道には自然観察しに行ったことがないので、訪れた際にはぜひ観察したいですね!

チョウセンヤマアカガエル

チョウセンヤマアカガエルは日本では対馬にのみ生息しています。

繁殖時期もツシマアカガエルと被ることがあり2月から4月です。

ただ、チョウセンヤマアカガエルの方が体サイズが少し大きいのが特徴です。

タゴガエル

tago
低山地から標高2000m以下の森林に生息しています。

亜種として隠岐島に生息するオキタゴガエルと屋久島に生息するヤクシマタゴガエルというものがいます。

ナガレタゴガエル

nagare

ナガレタゴガエルは他のカエルとは大きく異なり、渓流などだいぶ流れの強い場所に生息しています。

繁殖時期も2月からでタイミングが合えばかなり寒い時期に大量のナガレタゴガエルを観察することができます!

繁殖期は皮膚がびろびろに伸びているので初めて見た時はびっくりしました。

トノサマガエル

tonosama

トノサマガエルという名前はよく耳にする名前ですね。

ただ私が在住する関東では見ることができないので初めて観察したのは徳島県にキャンプに行ったときでした。

ダルマガエル

daruma
ダルマガエルには愛知から広島県にかけてと香川県に生息しているナゴヤダルマガエルと仙台平野から関東平野、長野県、新潟県にはトウキョウダルマガエルが生息しています。

トノサマガエルと違って後ろ足が短くて、大人しくしているときに足の指が鼓膜に達しないのが特徴です。

その足が短い姿をだるまに例えたのが名前の由来になっているそうです。

ツチガエル

ツチガエルは灰褐色、黒褐色のまだら模様でイボ状の突起がたくさん並んでいるので『イボガエル』と呼ばれています!

鳴き声はかなり低く『ギューギュー』と鳴きます。

豆知識としては松尾芭蕉が読んだ句にある古池に飛び込むカエルはツチガエルである可能性が高いらしいです!笑

ウシガエル(外来種)

ushi

今や外来種のカエルとして有名なウシガエルですが、元々はアメリカやカナダ、明記子に自然分布していた大型のカエルです。

名前の通りウシのような鳴き声をしており、食用のカエルとして扱われていました。

関連記事:カエルを食べる国は?食用ガエルの種類と値段や味はどんな感じ?

イシカワガエル

ishikawagaeru

絶滅危惧種にもなっているカエルで奄美大島や沖縄北部に生息しているカエルです。

比較的大きめなカエルで個人的には奄美大島の方が見つけやすい印象です。

沖縄県でも鹿児島県でも天然記念物に指定されています。

ハナサキガエル

沖縄本島の北部に生息しています。

体長オス4.2-5.5cm、メス6.5-7.2cm。

体色は褐色、緑色など個体によって変異が大きいカエルです。

私自身はまだ観察したことがないカエルなのでぜひ沖縄に行った際には見ておきたいと思います。

オオハナサキガエル

オオハナサキガエルは石垣島、西表島に生息している固有種です。

ハナサキガエルと比較しても少し大きく、体長オス6-7.7cm、メス8.2-11.5cmと大型です。

コガタハナサキガエル

オオハナサキガエルと同じ石垣島、西表島に生息しているカエルで、名前の通り小型で体サイズはオスは3.9-4.8cm、メスは4.6-5.9cmになります。

オオハナサキガエルより山地の上流域に生息して、低地には生息していないのが特徴です。

アマミハナサキガエル

IMGP5296

ざっくり言うと奄美大島のハナサキガエルという感じですね。

体サイズはオスが5.6-6.9センチメートル、メスが6.8-10.1センチメートルです。

オットンガエル

otton

オットンガエルは奄美大島や加計呂麻島に生息するカエルです。

体長は大きめでオスが9.3-12.6センチメートル、メスが11.1-14センチメートル程度になります。

頭が大きく頭幅は体長の40%以上も占めています。

皮膚はイボ状の突起が並んでおり、前肢の第一指のに肉質の指を持っているのが特徴です。

ホルストガエル

ホルストガエルは沖縄北部と渡嘉敷島に生息する固有種のカエルです。

オットンガエルと同じように頭幅が大きいのも特徴です。

虹彩は上半分が黄色、下半分は赤褐色をしています。

Sponsored Link

次のページではヌマガエル科、アオガエル科について紹介しています!

次のページへ

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です