オセロットの生態と性格は?野生で見られる生息地はどこ?

オセロットはヤマネコの中で最もペットに人気な動物です。

人に慣れやすい事、そして、その見た目の可愛いさから愛されるオセロット。

 

“ヤマネコ”と聞くと私たち日本人は西表島の“イリオモテヤマネコ”などを思い出しますが、意味としては野生の小型ネコ科動物全般を指します。

そんな愛らしい見た目で人気のオセロットの生態や性格はどんなものなのでしょうか?

また野生で生息している所はどこなのか。

今回はオセロット生態性格野生で見られる生息地について解説していきます。

Sponsored Link

オセロットの生態は?

オセロットは哺乳網食肉目ネコ科オセロット属に分類される食肉類。

 

体長は65〜120cm、尾長は27〜61cm、体重9〜16kgと大型です。

体毛は短く、四肢は頑丈で、毛色は灰色から黄白色、淡褐色などで、足の内側や腹部は白いです。

 

体にはリング状の黒い斑があり、斜め下に向かって鎖状に繋がっている様に見えます。

頭部や四肢には小さな黒い斑点があり、耳の後ろは黒く、トラの様な白い斑があります。

 

この体毛は非常に高価なものとされ、人に慣れやすく、オセロットはヤマネコの中でもペットとして最も人気のある種類です。

その為、乱獲が続き、多くの国で絶滅危惧種に指定されています。

 

オセロットは夜行性で行動範囲はとても広く、雌の行動範囲は1〜3km四方と言われており、雄はもっと広いです。

 

オセロットは縄張りにタヌキの様に糞を残す習性があり、ふつう尿を残す習性があるので、少し珍しいです。

 

単独で行動し、他の個体と出会うのは、ふつう交尾のためだけです。

ですが、樹上や深い茂みの中で休息をとる日中は稀に他の動物と場所を共有する事もあります。

 

繁殖期は初夏と冬ですが、厳密には定まってはいない。という説もあるようです。

妊娠期間は約70日で、一回の出産で1〜4子を産みます。

巣は深い茂みや樹洞、倒木との間の窪みにつくられ、育児は雌が行います。

乳児は体重250gほどで、目は閉じていて、2週間を過ぎる頃に目を開きます。

2〜3ヶ月頃から親と一緒に狩りに出かける様になり、1年〜1年程で成熟し、この頃には親から離れ自分の縄張りを持つ様になります。

 

飼育下での寿命は20年を越すという記録があるが、野生ではこれよりもかなり短く7〜10年程と考えられています。

 

主にウサギやネズミなどの小動物、カエルやイグアナ、時にはカピバラの様な大型の動物を倒したり、ペッカリーの様な子どもを襲う事もあります。

木登りも得意で、リスザルなどのサルや鳥も捕食します。

オセロットは泳ぎも上手く魚も捕食するところが他のネコ科の動物と違う点です。

 

オセロットは非常に鋭い視力を持ちます。

ですが、獲物を追跡する際は嗅覚を使う事が研究で発表されています。

Sponsored Link

オセロットの性格は?

ヤマネコは警戒心がふつう強いですが、オセロットはなんと人に慣れやすく、甘えん坊、遊びたがりの性格です。

 

見た目の愛くるしさといい、性格は甘えん坊ときたら、

ペットで人気の意味がとてもよく分かります。

 

野生で見られる生息地はどこ?

メキシコから南アメリカのウルグアイ・アルゼンチン北部にかけて・アメリカ合衆国のテキサス州の一部などにも分布しています。

生息する環境においては熱帯雨林から標高1200m以下のさまざまな環境に適応しており、草原や河口域にあるマングローブの林にも生息しています

稀にですが、人が暮らしている集落の近くに現れる事もあるようですね。

まとめ

・オセロットはペットとしても人気の種だが乱獲により絶滅が危惧されている

・オセロットの性格は他の山猫に比べて人懐っこい

・オセロットはメキシコから南アメリカのウルグアイ・アルゼンチン北部にかけて・アメリカ合衆国のテキサス州の一部に分布している

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

 

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です