サツマゴキブリの飼い方や飼育方法は?販売値段はいくら?

皆さんが想像するゴキブリの特徴は何でしょうか。

動きが早い、目の前に飛んで来る、家にいる、汚いなどなどマイナスのイメージが多いのではないでしょうか。

しかし、ゴキブリは苦手だけどサツマゴキブリはかわいくて飼ってみたいと言う人は意外と多いです。

今回はそんな魅力あるサツマゴキブリ飼育方法販売価格などについて深堀していきます。

Sponsored Link

サツマゴキブリの生態

サツマゴキブリは九州南部や南西諸島、伊豆諸島などにおり、比較的温暖な地域でに分布しています。

サツマゴキブリは翅が退化しており、森林の落ち葉や石の下などにいることが多く、他のゴキブリのように素早く動かないのでぱっと見ただけではゴキブリのように見えません。

そのように、ゴキブリの気持ち悪い要素がサツマゴキブリでは少ないため、飼育したいと思う人が多いのではないでしょうか。

因みに、サツマゴキブリの幼虫は茶色い色で、落ち葉に擬態している考えられており、個人的にはかなりかわいいと思っています!

サツマゴキブリの飼育方法

サツマゴキブリに飼育は餌や飼育ケースが大きくなくていいので比較的簡単です。

しかし、サツマゴキブリは暖かい地方にいるゴキブリなので気温が低くなると冬眠してしまいます。

そのため、冬の寒い季節は室温が22~23度よりも低くならないように気を付けましょう。

さらに、クロゴキブリやチャバネゴキブリほどの繁殖力はないのでその点でも飼育しやすい種であると言えるでしょう。

餌はニンジンやキャベツなどの野菜のほかに、ペットフードなども食べるのでいろいろなものを与えて見ると楽しいかもしれません。

サツマゴキブリの飼育に必要なもの

Sponsored Link

 

■飼育ケース
飼育ケースは大ききものでなくていいですが、1つの飼育ケースに数匹飼う場合は少し大きめの容器を使うのがいいでしょう

■落ち葉などの土
湿度が高い環境を好むので腐葉土と赤玉土や勲炭などの保湿力のあるものを混ぜて土を作りましょう

■止まり木
少し太めの木を飼育ケースの真ん中に寝かせて、サツマゴキブリの休憩場所を作りましょう

■餌
餌で野菜をあげた場合はカビなどが生える前に取り除き、ペットフードは食べるものと食べないものがあるので様子を見ながら上げるといいでしょう

 

サツマゴキブリの販売値段

サツマゴキブリの値段は大体1匹1000円前後のようです。

南西諸島や台湾などのサツマゴキブリは人気が高いらく、少し他のものよりは高いです。

サツマゴキブリは採取できる場所が限られているので、買って飼育するのもいいかもしれませんね。

まとめ

・サツマゴキブリは比較的温暖な地域に生息しており、翅がなく動きが遅いのでゴキブリぱっと見ゴキブリのように見えない

・サツマゴキブリの飼育は簡単で餌は野菜やペットフードを与えると良い

・サツマゴキブリは1匹1000円前後

関連記事
ゴキブリの卵に幼虫は何匹いる?孵化の時期と期間はどれくらい?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link


生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です