ヤマカガシの見分け方は?他のヘビと写真や画像で徹底比較

日本の毒ヘビというとマムシというイメージですが、本土にいる毒ヘビにはヤマカガシというものもいます!

ヤマカガシはシマヘビと同じナミヘビ科のヘビなので顔つきはこの2種類に似ています。

今回はヤマカガシ見分け方について写真画像も交えて紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

ヤマカガシの特徴

y
ヤマカガシは全長60~120cmほどのヘビでマムシと比較するとやや大きい目で本土にいるヘビとしては中型に位置する大きさです。

体色は暗緑色をベースに赤と黒のが交互に入った色鮮やかな模様が入っています。

かなり特徴的な体色をしていますがヤマカガシの体色は個体差や地域差が非常に強いです。

黄色のリング上の模様がなかったり、赤色が全くない場合もあります。

そういった意味ではかなり判別するのが難しいヘビということになります。

また冒頭でも言ったようにヤマカガシは毒蛇です。

有名な毒ヘビといえばマムシやハブですが、ヤマカガシが持つ毒はこの2種類よりも強力な毒を持っています…。

毒についてはこちらの記事で解説しています。

他のヘビとの見分け方を写真や画像で比較

Sponsored Link

一般的に見られるシマヘビ、アオダイショウ、マムシとヤマカガシを比較していきます。

hebi

まず、頭の形についてですが同じナミヘビ科のシマヘビとアオダイショウは顔が扁平なのですが、ヤマカガシはこの2種類に比べてやや顔に厚みがあります。

目から鼻先までの長さがやや短いところも特徴です。

よく『毒蛇は頭が三角形をしている』と言われていますが、これはクサリヘビ科のヘビのこと指していてこの4種類の中ではマムシがそれに当たります!

ナミヘビ科のシマヘビ、アオダイショウ、ヤマカガシは上から見ると頭は角ばっているので三角形には見えづらいです。

dou

体色や模様についてはヤマカガシの特徴的な赤いウロコ部分が出ていれば一目瞭然で見分けることができます。

マムシとは体のサイズも違えば頭の形も違うので混同することはほとんどないでしょう。

ヤマカガシがシマヘビやアオダイショウと決定的に違う部分はウロコの質感です。

シマヘビとアオダイショウはウロコにツヤがあって睨めらかな印象ですが、ヤマカガシは少しくすんでいて質感もザラザラしています。

また、個体差や地域差で模様が違うといっても黒の斑紋が消えることはほとんどありません。

黒の斑紋が赤または地の緑色と交互に入っている場合はヤマカガシと判別することができます。

これまであげてきたように見分ける際に見るポイントはいくつもあるので複数の箇所を確認して
総合的に判断すると間違うことはなくなる
と思います。

ただ何の種類だか判断しかねる場合は近づかないことに越したことはありません。

一応ヤマカガシに噛まれることは稀なケースですが、危険な毒ヘビなので見つけても観察する程度で無理に捕まえたりはしないようにしましょう。

まとめ

・マムシは体サイズや頭が三角形のため混同しづらい

・シマヘビとアオダイショウとの決定的な違いはウロコの質感

・複数のな判別箇所をみて識別すると良い

関連記事

日本に生息するヘビ全種類まとめ

シマヘビとアオダイショウの違いは?見分け方と特徴まとめ

ヤマカガシの毒性の成分は?噛まれた時の症状と応急処置は?

アオダイショウの幼蛇(子供)がマムシに似ている?画像付きで徹底比較!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

生き物好きの友達にシェアしよう!

5 件のコメント

  • この間見たヘビの横原が赤かったので、ヤマカガシかとは思っていましたが、動画を見て、確信しました。ありがとうございました。

      • 今日トイレに入ると便器に蛇が絡みついていましたどこから入ったのか排水口から入るのでしょうか?近所のご主人に捕まえてもらったのですが、まむしは排水口から入るのでしょうか?

        • コメントありがとうございます。
          海外ではトイレの排水口からヘビが入る事例は過去にありますが、日本では聞いたことが無いですね。
          他に侵入できるような場所がなければ可能性はあると思います!

  • 先日、和歌山県日高川町の寒川と言う場所で、鮎釣りをしていました。鮎釣りと言っても渓流釣りの方がピンとくるような場所ですが。川の直ぐそばで体長60㎝程の1匹の蛇を発見しました。今まで見たことのない蛇だったので、変わった蛇やなぁーと思い、小石を放りました。すると鎌首をもたげて威嚇してきました。更に石を放ると、コブラのように首の部分を扁平にして石を放った方向に口を開けて掛かってきました。胴体は黒みがかっていて薄灰褐色の斑点があり、頭から首の両サイドは黄色が混じってます。異常が主な特徴ですが、これもヤマカガシなんでしょうか。鮮明ではないですが、写メも撮っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です